2008年11月30日

嫌がる僕を見て強くそして優しく無理矢理の決断

Dir En Grey「Cage」

彼らがインディーズでチャートに入ってきて、3枚同時発売して、
いまや世界でもそれなりの地位を築くまでに。
それなりに好きだったんだけど、ついていけず。



昨日高輪に研修センターがある証券の説明会に行ってきたんだけど、
やっぱここも本社勤務ならえぐえぐの仕事らしく、
仕事のきつさでいったら外資だろうが日系だろうが、かわんねーんじゃねーの?みたいな。
ついでにいうと金融のそれこそIBでもなんでもフロントに立つ人間なら、やってることこんさると大してかわんねーんじゃねーか?
globalりさーちの人の話がすげーつまんない。
やっぱ営業やってる人はプレゼンがうまくて、
バックでグラフとデートしている人たちは喋りも悪いし、話し終わるたびにニヤっとするのも気持ち悪かった。


金融の人たちは、金融という道具を使って、リテールだろうがホールだろうが、顧客の要望を聞きだして、金融というフレームの中でソリューションを出す。
これってこんさると何が違うの?

少なくともアドバイザリーだったら手数料というのは同じだし。

金融にしたって、こんさるにしたって、自分はたいていの場合担当の業界やら企業やらを持って、そこの中では詳しくなるけど、きっと経済全体を見渡すようなことは無理。てかそんな人はいないか。

あくまでも違うのは、顧客に提示するカードの種類。
金融という枠組みか、それ以外も何でもありか。
後者=こんさるのほうがそういう意味では魅力的だけど、
果たして俺がやりたかったのは、人助けだったのか?

金融の世界で「ハゲタカ」みたいなことができるのは、マーケット担当のセカンダリー部門担当だけなのかな。
いや、そもそもハゲタカになりたかったのか?


そうなるとやっぱり頭をもたげる研究への気持ち。。。
ずっとこのままやってたい、という気持ちが頭をもたげながらも、
きっとその道の向こうには何があるのか、誰にもわからないけど、自分の道楽しか残ってないのかな、とも思うし。


それでも課題は待ってくれないのでさっさと課題やります。

いくら寝ても寝たりない、食べても食べたりない、
どんな病気なのでしょうか。
posted by swb at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

ジュウタイ、ブンガク、カマクラ

さふぇろんたん。

ブログを書くのが億劫になってきた。
これはどういう心境の変化だろうか。

18日は、新宿できこうのりくぶの先輩たちと飲んできた。
合コンの話とか、なんぱの話とか。

19日は、朝からパワポにしがみついてつくったプレゼン(英語の授業)が次週先送りとなりショック。

20日は、YCUに帰り、コバゼミ出席。
後輩の成長に目を細める。
誉めてやったと思ったらその後の飲み会でいろいろ失態を犯したので、誉め損。でも学部生っていいですよね。。。いろいろあーでもねーこでもねーと悩んだり夢想に浸るのも今だけだ。

22日は横横家に久しぶりに行った。


23日は、車を借りて八景からドライブへ。
日曜日のコストコは超混雑で、ついでに八景島へ向かう渋滞に巻き込まれたりでふんだりけったりで。
さらに鎌倉の切通し〜若宮大路まで大渋滞で2時間くらいかかったか?由比ガ浜あたりはすいすい行ったけど、山を越えたらまた渋滞で。
そりゃまぁ日曜日なんだからみんな考えていることなんて同じで、鎌倉の街中だけじゃなくて、そこらじゅうに人が溢れていた。
鎌倉なんてのはもう見慣れた景色で、別にナビなんか使わなくても道はわかるんだけど、
やっぱり由比ガ浜から藤沢のほうへ抜ける道は、海風を感じて、渋滞も然程苦にならない。

ただまぁ、ずっとブレーキペダルを踏んでいるのはきつい。
なんつーか、安いからって軽を借りるとえらい目に遭う。
沖縄にしかないはず?のBule sheelというアイス屋で漸く俺は数時間ぶりに座席から立ち上がり。
そこからK26をひっかけに藤沢市街地に向かおうとするものの、その市街地もとんでもねー渋滞で、こりゃ藤沢市民は大変だ。

藤沢でk26を拾い、そこから逗子経由で八景に帰還。逗子は少し懐かしい。
そこで車を返し、横浜へ向かい4000円食い放題の寿司を食べた。美味!二度とくら寿司なんかいけねー!

25日は、ゼミを終えて新宿で39R飲みをしてきた。
社会人を呼んだら日程合わせるのがめんどいからシカトしたけど案外人が集まった?12人?
今年はまだ浪人組が学生だからいいけど、来年からはなかなか難しくなるんだろうなと思った。
まぁ元気にやってるだけで十分なんじゃないですか。


昨日は英語の授業でプレゼンをしたんだけど、カンペがなきゃ何にも出来ない俺だめお。まわりがみんな留学経験ありとか、反則だと思う。

昨日今日と英語文献の発表のために久しぶりにてんぱった夜を送った。

---------------------------------
最近の二郎。

昨日、おとといの飲み会で忘れ物をし、それをとるために新宿に出たついでに
荻窪二郎!
助手の目つきが悪い。。。店なんかせまっ苦しい。店主病的に細い。待ったのは10分だけど、座席が狭くて落ち着かない。両隣の人とひじが何度もぶつかる。
店主の麺のお湯切りがなってない!鍋からすくって、そのまま。別に気にしないけど、ちょっといい感じがしない。
小にんにくましやさい。
スープを注ぐタイミングが異常に早かったため、スープがぬるい!(まぁそれが二郎だというなら仕方ない
ついでに野菜も冷め切っていた。。。スープはしつこくなく、あっさりとしたもの。油もそこまで強くない。
まぁ特別まずくはないのだけど、あの雰囲気、荻窪という立地という点で二度と行かないでしょう。

んで今日!
レジュメができたので御褒美を与えるために、ひばりが丘二郎へ!!!
どこだよそれ
国立〜西国分寺〜(武蔵野線)〜新秋津=秋津〜(西武池袋線)〜ひばりが丘
案外近くて30分の行程。駅からも近い立地。
昨日と打って変わって、広い店内、明るく、健康的で笑顔がいい店主とパートの人?
隣に70前のおばあさんが座ったのには驚いたw
小ブタにんにくましましやさい
デフォの野菜の上にニンニクを敷き詰めてあって、その上にプラスの野菜を盛るものだから、最初はニンニク足りねーよと思ったが、野菜を食べるにしたがってニンニクが顔を出してくる。
麺がここまで細い二郎は見たことがない!!丸いのだけど、細い。
ブタは薄切りで一見味がしみていないようでしっかりとした味付け。
スープが少なすぎるのが残念(加えて蓮華無し)だが、油もしっかり効いているし、少し白くにごったタイプは俺好みなのでよかった。
ということでご馳走様でした。

関東一円に広がるラーメン二郎30店舗、
このうち漸く半分の15店舗制覇!!!!
次はめじろ台や野猿など多摩系を制覇したいです!あと西武線沿いで桜台にも、ついでに高田馬場にも!
その前に三田に行っていないことは、二郎で例えるならにんにくなし、みたいなものなので、学生の間に行きたいです。


p.s.
武蔵野線に乗ったけど、半分くらいトンネルで風景を楽しむ余裕がなかった。
けど、府中本町然り、新秋津然り、あの古びたホーム、時々通る貨物列車・・・すげーたまらん!
今日の暗い空にあの風景を重ねると、寂しい感じがぷんぷんするところもたまらんし。
いや〜やっぱり電車は素晴らしいね。
posted by swb at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

vivre d'amour et d'eau fraiche

今日の題名は歌の歌詞ではなくて、フランス語辞典の中に載っていた、イディオム。
フランス語月間にあるので、読む論文はフランス語、その前にフランス語の文法を練習、そしてフランス語の単語も練習、とフランス語尽くしなんだけど、
なんかこう書くとあたかも「すげーフランス語が出来る人」って見えるかもしれないけど、そうじゃないから学習しとるわけ。
mixiの自己紹介をフランス語に書き換えるだけで、昨日27時まで起きてた。バカ。

ところで題名のイディオムですが、英語で書くと
survive with love and cold water.
ってところ。愛と水だけで生きる。これが転じて「恋に現を抜かす」。食事を取ることも忘れるほど恋愛に熱中しちゃってるよ、的なことで。

フランス語って暗喩が多くて困るけど、こういう意味のぶっ飛び具合もすごい厄介。まぁそれが面白いんだけどね。

昨日今日と誰もいない研究室で過ごしていたわけですが、
やっぱり孤独に耐えられない以上、研究者は無理だなと思う。

今日は小金井二郎に久しぶりに行ってきたわけで、
やっぱり量が多くてたまらん。

ところでラーメン大が東小金井にも出来たらしいですね。
ちょっとあそこまでチャリで行くのはきついな。。。
--------------------------------------------
この前Kawanaくんと話していて思ったんだけど、
俺って趣味がない!!

土日もずっと研究室(にいるか寝てるか)。
気晴らしといえば飲むこと(といってもこっちに来てからは友人ができないので一人で飲む)。

ちなみにエントリーシートの趣味の欄はどうしているかといえば、
「読書、音楽鑑賞、(この辺から嘘w)ジョギング、ウィンタースポーツ、サッカー観戦(いつ以来だよw)、電車に乗ること(確か一回だけ書いた気がする)」。

読書だなんて俺の生活の一部であって趣味ではないと思う。音楽鑑賞だなんて常に何か音楽を流している以上これも趣味とは言いがたい。

こっちに来てから思うんだけど、俺常に研究のことを考えている、それか下品なことを考えているか

実際飲み会の後やらなんやらでも研究のことを考えているし、
研究のことを考えない日は間違いなく、ない。
読書といっても小説なんてご無沙汰で。
(じゃーサゾカシ研究が進んでいるんでしょうね、といえばそうではない)

何かこう、研究とかシュウカツとか忘れるほど熱中できる趣味が欲しい!!
ついでに言えば健康的なものを。

ex)つり→内陸では無理、湖や川釣りにしても金がかかりすぎる。てか痩せない。

ジョギング→ゲーム性がなく、正直楽しくない!

ウィンタースポーツ→金がかかりすぎる。

ふっとさる、テニス、ゴルフ、野球?→どれも一人じゃ出来ない

本当に悲しいんだけど、「ねぇ、キャッチボールしようぜ!!」って誘う友達が誰も見当たらない。友人は多いようでいて、実際親友なんていないのかもしれないw

電車を乗り回す→禁断の果実wてか「乗り回す」ってwwww

ドライブ→一人で行くほど慣れてません。

サーフィン→海が遠い。。。

映画鑑賞→金がない。

ていうか、基本的にインドア派の僕にはどれも続けられそうにありません。

じゃーインドアの趣味?

ネットサーフィン→趣味か?

囲碁、マージャン、将棋、チェス、人生ゲーム→それなら研究してるよ


つまり見当たらない。

研究を忘れるほど熱中したいのですぅぅ。

-------------------------------------------
今日SPIの問題集を眠気覚ましにやってて、なつかしの「ド・モルガンの法則」なるものをやってて、
さっき風呂場で考えてたんだけど、

Aくんはαさんと付き合っていて、Bくんはβさんと付き合ってた。
しかし、揉め事があって両カップルは別れることとなったが、ややこしいことにAくんはβさんのことが好きらいしのだ!
残された哀れな二人、この二人は余ったもの同士で付き合う雰囲気になったが、これは成功するのだろうか。

A⇔α(Aとαは両思い)(23にもなって両思いだなんて少し恥ずかしいw)
B⇔β
A→β(Aはベータが好き)
Aはαもβも好きなんだから、α=β、Bはβが好き、α=βなので、Bはαのことも好きなのか?

まぁこの答えって、Aの好みにおけるαもβもそれぞれ部分集合に過ぎなくて、必ずしも両者が同値ってわけじゃないんだよね。少し考えればいいことだよね。

こんなことばっかり考えている俺を助けてください。

---------------------------------------
内定を早くもらいすぎて逆にそれが足枷となって悩んでいる僕も助けてください。。。

posted by swb at 03:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

危うく堕ちそうになる機械仕掛けcontrolled society

last alliance「spiral world」

この曲が入っているアルバムは、去年のフランス旅行の間ずっと聞いていたので、このアルバムを聞くとあのときのことをうっすら思い出す。
あー行きたい。

水曜日、木曜日と授業、そしてゆっくり研究に勤しむことができた。

当然のことだけどフランス語の本をNACSISで探しても出てこず、
あった!!と思ったら神大とか。何で今更神奈川?

論文にしてもMediterranean Politicsとかどこの電子ジャーナルにあるんだよって感じで、買わなきゃならないんだけど、
月8万の生活費でどうやって工面していいものやら。買ったはいいが、期待はずれだったらどーすんの、と、みみっちぃことで悩んでたり。

兎も角最近改めてフランス語を勉強しなおしてみたり。政府資料が読めなきゃ話にならん。




今日は久しぶりに早起きして、東京へ行ってきました。
スイスの銀行、政府に資本注入されたあの銀行の説明会に。
俺は株式のセールスとリサーチのところだったんだけど、
まぁ半年も就活してりゃわかるんだけど、どこにもそれなりのネットワークなりコミュニティーができていて、「優秀な」大学の学生が集まって話しているわけです。
まぁ同じ穴の狢でありながらそれにもなじめない僕は腕組みをして始まるのを待っていたのですが、

そこへ「威風堂々」を後ろで聴かせ、白いコートに真紅のマフラーをまとい、茶髪をなびかせ、いや〜それどう考えても合コン(≠合同coalition)仕様だろってヒールを履いて颯爽と現れた女あり。
周囲が振り返り、何人かに挨拶をする。女王様か。
そいつが子分を引きつれ話の輪を作る。

この会社のWebテストを社員にやってもらったの〜
私明日引っ越すの、そう、今住んでる「あざじゅー」を引き払って。
(彼氏と同棲するのぉぉ?)そんなわけないじゃん、稼いでくれなきゃ用ないもん
あぁだれそれは、あそこ、あそこに住んでるの、田舎くさい、あ、みなとみらい?
まじさーOB訪問行ったんだけど、頭悪い、死んだほうがいい、商社マンとかいってもさ、あいつらの頭は筋肉でできてんよね、まっちがーねーよなー日本語わかってねーもん
月曜のばーーーーくれーの後に仲良くなった唐代のやつと飲んだんだけど、なんか勘違いしちゃってさー。

その後彼女たちの武勇伝でいろいろ盛り上がってらっしゃいました。

いろいろ意図的に記憶から消去した内容もあったり。


あーこれが格差社会ですか。
てかなんでみなとみらい≒田舎??おまえどこに住んでるんだよww



なんかもうよく覚えてないけど、こんさるだの、IBだの、そんな仕事なんてどうでも良くて、
やっぱり俺はこの世の中の病を治したいと強く思うのです。
(この点宇沢さんは経済学を選んだ)

だって、同じ21(23)才で、あいつらと田舎であくせく働いている連中は何が違うというのでしょうか。
頭がいい、確かに結構なことだ。世渡り上手、それも然り。
けど、ここまで「もてるもの」と「もたざるもの」の格差というものが開いていいのでしょうか。
平等だなんてフィクションだ、とよくわかっています。
ただ、なにかあんな連中を見ていると、ひがみでもやっかみでもない、言い知れぬ憤怒というか、居た堪れない心持になるのです。
うまく人と付き合い、利用し、のし上がる、それが能力ならば、きっと俺はそれが下手なのだろうか。

まぁ結局一番の原因は、そいつの話し方なり、メイクだったりが、
俺の一番嫌いとするぶりっ子なんだよね。
ついでにかわいくねーときたもんだ。おー、じーざす。


ついでによー、
この会社説明会やって学生呼んでるくせに、新卒採る気全くないのね。
去年一人、その前0、その前1人・・・採る気ねーじゃん。
勿論この会社を含め、舶来の銀行はそういうもんだってことくらい知ってるけど。
中途採用がメインならそーいえよ。

挙句の果てによー、
最後に質問した社員がひでーんだ!!

なんでこの会社を選んだんですか?
→なんとなく。一番初めに内定くれたから。
この仕事、何が楽しいですか?
→別に楽しいと思ったことなんてない。
文系はきついですか?
→俺理系だからよくわかんない。足し算くらい出来るでしょ。
金融危機はどう影響しますかね、就活に。
→他人事だから知らん。あんたがなに考えて就活してるかしらねーし。


っておい!!
全部正解だろうさ、けどよー、学生への説明会だろ?
この会社、どんな風にこの社員選んだんだよ。

ついでによー、この男、どう見てもゴリラにしか見えねーんだよ。ゴリラが何をえらそうに!!(世界のゴリラ、ごめん

ということでまた一つ俺の選択肢が消えた。
てか外資とかもーどーでもいい!採る気がないならいいよ、もう。

こんな史上最低の説明会を後にして、大手町を歩きながら上の曲を聞いていると、
あたかもここは本当に俺が生まれた日本ではないような錯覚に陥りました。


その後は灯台に行って、
遺跡の中にある図書館で本をコピって来た。まぁ折角「都内」に来たんだから有効に活用しないとね。

その後はKawanaくんとスタバって。
だらだらと就活の話を。

そしてラーメン大にいってきました。
にんにくやさいたまごだけど、器が小さいからインパクトは小さいのね。
ん〜麺が固かった。その辺のぶれも二郎からインスパイアを受けたのだろうか。
でも食べやすく、ライトな感じでした。

ちゃんちゃん。
posted by swb at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

ゲームはすでに終演ムードなのに

steady&co. 「Only holy story」

すげー寒い〜と思ってたらもう11月かと。あと2ヶ月で2008年という一年も終わってしまうのか、と。

この前の土曜日は、NagahiroさんとKanno@きこうりくぶでドライブに行ってきた。
甲府を目指して国立を出て、俺は途中のPAから、早速運転をしたんですが、
何を隠そう俺が通ってた教習所では高速教習がなくて、シミュレーターだけなんだよね。
あんなんゲーセンにおいてあるレーシングカーと何が違うのって話で。
そんなやつが早速中央道をぶっちぎるわけですよw
だから交通事故が減らないんだ

ずっと左車線を走ってたんだけど、えらく前との車間距離が縮まってきて。こりゃどーしたことかと見てみれば軽のワゴンが必死こいて走ってるわけ。後ろからは猛然と車が迫ってくるわけだし、でも前の車80kmくらいしか出てないし、いけないいけないとおもいつつもブレーキペダルを踏みつつ(自殺行為)、清水の舞台から飛び降りるつもりで車線変更して事なきを得たんですが。
そのほかは安全に。

甲府では昇仙峡をちら見して、そこでほうとう食べて、
ドライブということなのでワインも飲めず、
談合坂PAでたこ焼き食べたくらいっすね。

でもドライブ楽しいね。車が欲しい。


なんか就活のほうも一段楽してしまって・・・
(こんなことをいうと後ろから刺されかねないが。。。)
いや、本当に説明会もなくってね。今日は学内の説明会に顔出したけど。
気持ちの上でそりゃ余裕はあるし、「外銀なんて5年後に転職すりゃ―いいから今は日系!!」とか心の奥底で考えてたり。
正直あの会社に行く気なんてさらっさらないけど(そりゃ行かざるを得なくなるかも知れんが)。

誰か代わりにWebテスト受けてくれませんか??
理系の方、大歓迎です。
文系まっしぐらの自分に嫌悪感。

M2で博士を諦めて俺と一緒に就活しようとしていた先輩が、ガクシン通った。
いいなぁ。。。
研究者志望なら誰しもが欲しがるものではないでしょうか??
でも目先のお金につられるとあとで痛い目に遭うのは間違いないね。

最近買った本。



思いつきで買ったんだけど、これがまた、いい!!

あくせえええええええええんちゅあのインターンのときに、フーコーの研究を灯台でしてる人がいて、彼にずばり「フーコーを一言で表すと??」と聞くと、「ん〜『狂気』だね」と。ますますフーコーに惹かれてしまって。
ついでにいうとそんときにこのHashizumeさんのゼミ生もいて。
今考えればすげーメンバーだったなと思う。

そのフーコーの彼(決してギベールではない)が説明していたことは、レヴィ=ストロースって人の理論だってこと、そのレヴィ=ストロースが構造主義の走りであること、まぁそんなことがわかるんだけど、
橋爪さんの本では古代から近代に至る西洋思想、それこそ数学の公理系まで説明されていて、知的好奇心をぞくぞくそそるものでした。
是非読んでみて欲しい。

構造主義にしてもやっぱり問題になってくるのは「近代」というやつで、きっとこいつをどうにかしてやっつけない限り、哲学の世界だけじゃなくて、俺が日々頭をひねっているIRの世界にしても、いろんな問題って解決されないと思う。
単線的な近代化論に、歴史観に一石を投じる意味でも、そして「近代」というものを相対化して見ることで、いろいろわかってくると思う。

ところでフーコーとの出会いっていつだ?
たぶんKobayashi先生の影響かな。

------------
兎にも角にも、まだこの日本には「近代」から抜け出せない連中が腐るほどいるみたいで。
たもがみ論文?(あんなん卒業論文以下だ)
言論の自由は結構だけど、公的な立場にいる人間はやっぱりまずいんだよね。言っていいことと悪いことがある。それこそ靖国参拝だって、俺が行くのは構わないはずだが、公的な立場にいる人間がやっちゃいかん。
それこそ兵庫県の知事が関東大震災うぇるかむ!!みたいなことを言ってはいけない。兵庫県民の代表者なんだから。

だとしても、たもがみ〜アパグループ〜安倍ちゃん(笑)〜平沼〜?と続く極右の人脈はすごい。
アパグループの元谷と言うと、おくさんがわけのわからんファッションしている社長なんですが、彼はなかなかすごい人です。
http://www.apa.co.jp/appletown/bigtalk/bt0711/bt0711.pdf
このP2の末尾の発言を見て。
安倍ちゃんもうまくやったらヒトラーみたいに民主主義の中でも独裁が出来たんだよ〜やり方間違えたね〜的なことを言ってる。

戦争の正義がどっちにあったかなんて、そんなこと言ってるのがフーコーに言わせりゃ「近代」なんだよ!!(たぶん

僕らの祖父の世代は兵士として中国へ出征し、そこで中国人を殺した。
また、韓国や台湾、東南アジアなどの植民地で現地の住民を徴兵し、また労働を強制した。

これ以上の事実が他にあるだろうか。この厳然たる事実さえ踏まえておけばいいんじゃないか。これだけ真実がはっきりしているなら、それでいいじゃないか。
謝り続けるのはどこか腹持ちが悪いが、けど事実をひん曲げて美化しようってのは頂けない。人を殺すということは、どんな美辞麗句を並べたって許されざることだ。それを「人を守る」はずの法によって治められている、法治国家がやっていることがこれまた逆説的で。

確かに中国にも朝鮮にも悪い人間はいて、そいつらが日本の利権を貪り食ってたりするのも事実だ(例えば銀の玉がいっぱいあるところ)。
さらに利益に適う様に、政権を動かす集団もある。

けれど、やっぱり仲良くしなければならない。
アジア人だとか、そんなことはいわないまでも、戦争は良くない。戦争を起こさないためにはどうすればいいのか。
マキャベリズムに支配された東アジアの構図は、基本的にこの一世紀変わっていないと思う。とても悲しい。
戦争の原因がFDRの陰謀にあっただの、「アインシュタインの予言」(調べりゃすぐに出る)的な陰謀論をね、真剣にみんなであーだこーだいってね、
戦争の原因が良かろうが悪かろうが、戦争をしたのは事実なんだから。
俺、すごく残念。
そして自分の国が嫌になる。アホらしい。

オバマに対する過大評価は確かに改めるべきだが
オバマの勝利は幻想だと思う証拠はこちら
だとしてもまず、
@長かった保守支配を終わらせた功績(勿論金融不安の追い風が大きかったのは事実だが)
Aシンプルだが、画期的な選挙手法(ネットにせよ、草の根運動にせよ)
B(ブラックアフリカンのハーフに過ぎないが)一応"colored"からの初大統領ということ

こういうchangeを成しえたアメリカは確実に未来を見据えている。
しかし、今の日本やそれを取り巻く状況は、過去に縛られ、古い細胞が未だに新陳代謝を遂げずに20世紀にしがみ付いている。
我々は21世紀を生きるのだ。俺の記憶にはベルリンの壁もないし、戦争もない。21世紀なのだ。


はい、けんきゅうにもどりましゅ〜
posted by swb at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

むくわれない束の間の夢ならば

山崎まさよし「僕はここにいる」

最近ちょっと懐かしい曲を聴くと、うるっときます。



ここ数日、女性とお酒を飲む機会に恵まれているんですが、
結構な話をしていても、こうしてブログに書けるという事は、
まぁある種大変残念なニュースということです。

わかったことは、女も男も結局変態ってことですね。エロス。

エロスはuniversalなのです

このニュースをどうぞ

昔の自分たちに通じるものが多いww
な、なんであん時あれをやらなかったんだ!!!wwww

---------------------------------------------


先日次の4年の世界を左右する出来事があって、
それがまぁオバマだってことは言わずもがな、なのだけど。

オバマ候補の演説・英語の全文と和訳 from goo

まぁできればyoutubeで原文と一緒に読むのが一番いいのだろうけど、
英文を少しでも読んでみれば、いや和文を読んでも演説がうまいな、と思う。
何と比べてうまいか、というのは勿論わが国の政治家と比べて、ということ。

(演説に登場する)クーパーさんの話以後、彼は2,3センテンスをいったあと繰り返しyes we canと言っている。
端的で、短く、そしてポジティヴなイメージを持つフレーズを繰り返す、
確かにだらだら小難しい話を続ける日本の政治家より聞いていて面白い事は確かだけど、
これってあの小泉が使った手法と同じだろう。
まぁ勿論小泉は我々と抵抗勢力と敵味方を分け(シュミットからすればそれが政治の本質なのかもしれないけど)、
オバマはしきりに"United" States of Americaを強調しているけどね。

あと、
アメリカ国民がみんなオバマ!!って感じかと言えばそうではなく、
そもそも大統領選の投票率は62%らしい。これは過去40年で最高らしい。
大して日本とかわらねーじゃん。。。
その中の約51%の得票を得たのがオバマってこと。

オバマが勝利した背景には様々なことが考えられる。
演説がうまい、若くて黒人という注目度の高さ、彼の弁護士時代から得意とした草の根運動、リーマンショック、
逆にマケインはパートナー選びのミス、ブッシュ政権との違いを明らかに出来なかった、などなど敗因は挙げられるだろう。

例えば
灯台のKuboさんがこういっているように(ページの中盤)

ニクソンから続くアメリカの保守党支配40年が終わり、再びデモクラッツの時代が来る、というマクロな視点もある。

その保守による支配は、そのまま新自由主義的な政策が特徴だ。
ニクソン・ショックに端を発するとも言えるネオリベ経済政策が、運よくこのタイミングで破綻したことも、オバマにとっては追い風になった。

ビル・クリントンは中道左派で「第三の道」の走りとも言われているが、(彼のおかげでだいぶ助けられた連中が多いはずなのに、今蜂の巣のように批判されている)グリーンスパンと共に金融緩和を進め、またアメリカの産業をサービスやITへとシフトさせ、ブッシュJr.とも連続性を持つといえる。

とすると、俺はオバマの登場とカーターの登場を重ね合わせるわけで。
カーターは二つのニクソンショックによって、またウォーターゲート事件によってごったごたになったアメリカを立て直さんと綺羅星のごとく登場したわけだけど、
結果的に彼は外交に忙殺され、かつその外交面でも国際政治史のなかでは「アメリカ覇権の相対化、衰退」という文脈でかたられることが多い。

ま、そんな歴史を紐解くと、大統領が一人代わろうが、世界なんてそうは変わらないってことだよね。


------------------------------------
一番気になることは、日本のブロガーがもろ手を挙げて彼を礼賛しているという点。
例えばこういうランキングの上位の常連とかね。


是非こういうサイトを読んでみて欲しいものだけど、
まぁ兎に角日本の選挙と絡めてどこの国でも"CHANGE"が大流行りなわけですよ。

過大な期待は禁物だよ、ということを伝えたくてこんなにも書いてきましたけど、
実際下院でもデモクラッツが60弱まで議席を伸ばすみたいなので、
クリントンの一期目みたいにがっつがつ法案をばんばか通してくるはず。



思えば俺がこのIRという学問と出会ってから、キーワードとしてあったのは、
グローバリゼーション、ブッシュ、9.11、Unilateralism、アフガン、イラク。
ブッシュ政権と一緒に歩んだ俺の研究者人生(??)。
何かが変わる、と漠然と期待している自分の気持ちを抑えるためにこんなしがない記事を書いてみた。

ついでに思い出すのは、Kurokawa先生が「お〜次民主党政権になったらナイは政権入りだ〜」といっていたこと。
ジョセフ・ナイ-wiki
期待していいのかしら。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あーまだこんなことやってんのね、って話。

オバマ大統領は・・・・

Well, I say to them tonight, there is not
a liberal America and a conservative America --
there is the United States of America.

 There is not a Black America and a White
America and Latino America and Asian America --
there’s the United States of America.

こんなことを言っている相手に、人種ごときでうだうだ言い合っているのが残念です。

there is not a Japanese Asia and Korean Asia and Chinese Asia and Indonesian Asia and Malays Asia --
there's the United States of Asia.
些細なことで言い争っている我々アジア人に未来はあるのでしょうか。
posted by swb at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

それはないだろと

裁判員制度ブラ

授業に今から行かなければならないので取り急ぎ。

弁護士やら検察やら裁判官をなめているとしか思えない。
このブラを彼女がつければ世の男どもが裁判員制度を受け入れるとでも思ったか。
お、おまえは磔の刑にしちゃうぞ〜とか言ってる俺をぶってくれ。


オバマが大統領の座を射止めました。
黒人だとかいってるけど、実際は違うしね。

俺はあの熱狂(共産党の地盤を取り崩したオバマ旋風)を見て、
小泉に似たものを感じてしまう。
人は変革という言葉に弱い。

しかし実際彼の政策をどこまで、少なくとも日本人が知っているだろうか。

彼は自身をここまで押し上げた波をしっかり理解しなければならない。
それをわかってなかったのが、コリアのノムヒョン。

お手並み拝見だね、まずは。
まぁそのうちアメリカ研究者がポピュリスト・オバマみたいな論考を出しそうだし。

posted by swb at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。