2008年07月30日

glamorousなskyに栄光の架橋を

今日は朝早く起きてむにゃむにゃして、んで1時から6時過ぎまでゼミでした。
4人が発表しました。

先生の授業のレポートを返されました。
ゼミでの発言の割には、レポートが乱暴だといわれた。

その後は飲み会でした。
先生の横に座り、先生の物まねを先輩に強要され(これってパワハラだよね?)、privateなことを詮索され、
先生が暴走を始めて、下ネタを全部すくってあげて、フォローしながらの3時間。
そのあとカラオケへ。先生も参加。
必死に盛り上げる。サザン、先生が歌う「青春アミーゴ」のフォローとかw

思いつきで入れたゆずの「栄光の架橋」

歌いながら不覚にも泣きそうになった。

なんていい歌なんだ・・・。

ギャグでglamorous skyを歌った。

なんていい歌なんだ・・・。
聞いてみればいい。二つとも聞いて泣けてきたやつがいたら、連絡をくれ。

てことでまた戻ってきてレポートだ。

ゼミの幹事をやってる先輩D2がパリの大学に行くらしい。

詳しい話を聞くべきだけど、
聞かなかった。

なんかもう、辛すぎる。

大笑いしたあとだからこそ、とても辛い。
どうすればいいんだ。

いつになったら楽しい日々ってやってくるんだろう。
もう来ないのかな。ならなんで生きているんだろう、と考える一人きりの研究室、もう
posted by swb at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

夢なら覚めた、だけど僕らはまだ何もしていない

午前1時の研究室からこんにちわ。

世銀とIMFのネットの闇から、漸くお目当ての品を見つけたので、このまま帰ろうと思います。
数時間前は統計学を勉強しました。
エクセルさえあれば、ひとまず標本標準偏差(最早意味を成していないと思うのだけど)とか出来そう!!

なんかこういう努力に時間を忘れて打ち込めるあたり、時間にある程度余裕があるという条件で、研究者になれるかなぁ。

明日はとりあえずPDFファイルの数値をエクセルに移そう。
たぶんエクセルのファイルもあるのかもしれないけど、最早見つける気もしない。

.wpfって拡張子って何者ですか???
GATTのファイルが全部これなんですけど。


先週の金曜日は、10ruと0038と飲んできた。
数字だけど、一応人間。たぶん。

飲みの前に、紀伊国屋で0038に統計の本を選んでもらっていると、
「すいません、経済学部のかたですか?」
おばちゃんに応える0038.
「あのぉ〜、この問題解くにはどの教科書を買えばいいですかぁ〜?」
そのおばちゃんの娘が聞きながら、問題用紙を出す。

っておいおい、


大学生になってまでお母さんに課題を相談するなよ!!!

ついでに本屋にいる「あたかも経済学詳しそうな会話をしている、社会人にしては私服だし、学生にしては前髪が後退してきている」二人組に聞くこと無いだろ!!!
なんつーか俺違うし。

結局積分がわからずに去っていきましたが。
俺も試しに聞いてみようかな。
「経済的相互依存と経済摩擦に相関関係があるのか、先行研究を調べた上で、回帰分析を行い、その他の変数を含めて分析してみよ」って
マ  ン  マ  ミ  ー  ヤ  !  !  !
 


年齢不詳のキャッチに自ら捕まり、連れて行かれた店は、なぁ〜んか如何わしい臭いがぷんぷんする店だった。
店員がみんなアホだった。


結局僕は、数年前の僕と何も変わっていないんだな、と思いました。
alone、だけど僕はまだ何もしていなァァァイヤ 進め!
今振り返って思うけど、
本当にあのころと何にも前進していないと思いました。
結局ずっと同じところで地団駄を踏んでいるだけなんだと思いました。
でも、行けるところまで行ってみよう、という考えは同じだと思いました。
そうなるなら、答えは一つしかないと思います。
けど、それで何になるのか。
よくわからないことが多すぎる。

結局大学や大学院に期待しすぎていたんだと思う。
目的と手段を間違えないように。

悩みは深まります。

ここ最近あった3回の飲みでの言葉が頭の中で無限ループ。
誰かここから助けてくれ。

何故ここに今があるか知りたい。byひむろっく


日曜日はTOEIC受けてきたよ!
約2年ぶり!!

昼前に小金井二郎行こうと思ったら、開店が遅れてて、こりゃ間に合わないと思って急いでチャリを吹っ飛ばして府中へ。
地理勘ないとわかんないけど、国立〜国分寺〜小金井〜府中って半端ない距離だと思う。

案の定リスニングのころには眠気が・・・。

結局リスニングの得点アップへの近道は、45分間ずっと集中力を切らさずにいることだと思いました。

ライティングのほうは、初めて時間が余った!
まぁこんだけやってりゃ当然、と言いたいけど、読むスピード早くなったんじゃねーか?かつわかんねーって単語あんまり気にならなかったし。
リスニングは期待してないけど、ライティングは少し期待しちゃうぞ、こら☆

でも、俺がやらなきゃいけない言語って英語だったっけ?

んで今日は国分寺でishibashiと飲んできたわけですが、一休の安さと、月曜日の6時からトイレでマーライオンと果てた学生にドン引きしました。
その横で飲んでる人間の身にもなってみろ。

大学1年生のときのような、夏服を身にまとったヴィーナスを街で見かけても何とも思わなくなったのは、一体どうしてだろう。
街中でくっだらねー話をしている年下の学生を見ていると、なんだか辛くなってくる。
ドラマのルーキーズとか、今の月9を見ていると、胸が苦しくなってチャンネルを換えたくなるのなんでだろう。

楽しいことって、なんだっけ?
posted by swb at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

吉祥寺はおもしろき街

昨日はUehara先生と飲んできました@吉祥寺。

オサレかと思いきや、結構面白い街。露天の飲み屋みたいなものもあるし。
入った店はタイ料理とその後ジャズバー。
11時に一軒目を出て、次行こうか、といわれたときは吃驚しましたけど。
案の定先生は終電を逃してたww
この場合相手が女性だから、俺が気を使っておくべきだったのか?

研究の話と、将来の話をしてたんだけど、いつになく真剣な話だった気がする。

まぁ大学2年のときからあの先生にはおんぶにだっこで、ゼミ論2つに卒論、ついでに修論まで彼女のネタを使おうってんだから、彼女には頭が上がらない。
ていうか身近にフランスの話をできる人がいないから、仕方ないっちゃそうなんだけど。

次回はKOと早稲田のドゴールファンと飲めそうなので期待大◎

留学を徹底的に押されました。
それと同時に自分のやりたいこと、本当にやりたいことをもう一度見つめることができました。
大学教授になるつもりもないし(ただ若い嫁さんをもらえるチャンスにはなるかもしれない、他の選択肢に比べたら)、
かといってバンカーになるつもりもないし、
骨の髄まで会社に吸われ尽くして廃人になるつもりもないし、
ましてやなんら関係のない仕事に就くつもりもない。

やっぱさー、
確かにフランスの経済外交とか、金になりそうな、仕事に結びつきそうなことにも興味があるけど、
政治学そのものにも興味があるんだよね。

みたいな本読んでると面白いしね。

あーやっぱ俺のやりたいことって・・・だよなぁ〜みたいな?
んならやっぱ留学って必要なのかなぁ。この大学院にいてもできるんじゃないかな、とか。
ただ留学すると、学位をとるなら長期になるし、学位をとらずに1年過ごすとか、この大学の奨学金を使わせてもらうなら、在学中じゃなきゃ仕方ないし(この辺はさすが一流の国立大学)。修士4年生とか平気?
てか向こうは9月始まりなのにこっちは4月だったりとか、就活始まるのはこっちでは10月だったりとか・・・いろいろ理不尽だ。

夢だとか、理想だとか、目的だとか、そんなことを忘れたほうがどれだけ楽か。
自分の気持ちと、現実をうまく結び付けられない。23歳。
なんで韓国じゃなくてフランスにしちゃったんだろう・・・。

ちなみにこれから怒涛のレポートラッシュ。
統計学を1週間でマスターして論文にしたいと思います。

posted by swb at 15:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

長谷川さんも30歳

今日ははせきょーの誕生日です。

久しぶりに彼女の名前が出てきましたが。

19日は、院生二人と、大学生一人と、社会人3人で飲んできましたよ@新宿。
いろいろショッキングな話でした。
終電逃して久しぶりに文庫から歩きました。


20日は横浜国際の花火大会に行ってきましたよ。
その前に野島公園駅の前の天ぷら屋さんに行きました。
うめーアナゴ!

tommyでパンツなんか買ってるから、東横のホームが人ごみになるんだ。
こんなところで働いている某新人は大変だww

やっぱり一昨年のように早く行くべきだね。
Keijiroに席を分けてもらい、座れたには座れたんだけど、
木に隠れて花火が見えない。

花火大会って、俺の嫌いな要素が詰まっていると思うんだ。
暑い、人ごみ→疲れる

来年は、ホテルを予約したいです。涼しいところで、座って、ビール。
でもそれだと花火大会じゃないよね。
俺は木更津の花火大会のような、CHAOSがいいなぁw

その後は海開きをした社会人などと部室で会いました。真っ黒でした。

んで海の日は、ごろごろしていて。

んで今日はゼミ。

の前に、

僕は小さい頃から鼻が弱くて?蓄膿とアレルギー性鼻炎を持っているんだけど、
まぁそれは最近はちっとも気にならないし、花粉症なんてどこ吹く風なんだけど、
鼻の次に弱いのが肌らしくて、
院試の前あたりから顔の肌が荒れ始めて、
この3連休は、そりゃーひどかったんだな。
てことで今日は病院に行ってきたんだけど、案の定子供があふれ返ってた。
んで病状は、やっぱアレルギーだろ、ということと、ストレスがそれを増幅させてるんじゃねーかってことで、石鹸と強めのステロイドを塗り薬として、あと飲み薬をもらった。

ステロイドって、筋肉増強のやつ??

なんでいまさらアレルギーなんだ?って感じだけど、まぁかゆくてしょうがないし、真っ赤だし。
今はダイブ落ち着きました。


ゼミでは、M2の先輩に「問題関心がはっきりしない」「よく研究していると思うけど・・・」「仮説と問題が整合しない」「筋が無い」
とまくし立ててみた。

自分の気分でコメントしてみたり、しなかったり。俺って本当に気分屋だ。

まぁ最近といえば、Oshiba先生とはアイコンタクトで「意味わからんなぁ〜」と苦笑いするのが楽しみなんですが。

ゼミで売られた喧嘩は、いつかゼミで返済されるでしょう。
オソロシヤ、オソロシヤ。

夏という実感がまだ無い。
暑い、んだけど7月という感覚がまだ無いんですけど、
まぁーパンツ一枚で過ごしているから十分夏を満喫しているんやろうけど。

沖縄行きたい。
posted by swb at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

カクテル・ソビエトはきつかった

木曜日は、かのIrieAkira先生がやってきました。
知らない人のためにこちらをどうぞ


普通知らないか。
まぁー高校卒業してからずっとあっちにいて、ハーバードの歴史学部長までやっちまうんだから、そりゃーすげーと思う。
日本の「広義の」国際政治学者の第一世代だからね、大物の範疇に入ると思う。

200人くらい入りそうな教室に、ぎっちり生徒が集まるんだから、やっぱこの大学ってそれなりにすごいんだな、って思った。
M1のタメ曰く「今日って日本語で喋るのかな?日本語忘れてるんじゃない?」確かに。

見た目は古希を超えた好々爺だけど、やっぱしっかりしてらっしゃった。勿論日本語で。

でも講演は良かったよ、思ったよりも。
俺が聞いた初めての講演が駒場のKibataさんだったから、そりゃ講演=(ryって感じかな、って思ってたけど、よかった。74とは思えない。

彼はホブズボムの20世紀は1914~1991年まで説に対して、'70sまで説を唱えていました。
注目してたのが、'68年革命。確かに、あの世界的な市民運動は面白いね。

なんか早口で質問をする社学の学部生とか(74のおじいちゃんにそりゃきついよ)
(その世界では超大物なのにもかかわらず)なんで歴史学者になったの?儲かるの?って聞く経済学部の2年生とか(そんなんだから数馬身離されて万年2位なんだよ、この大学は)
そんな質問に割って入ったのが、まぁ僕でして。
Kwon先生の日本外交史の授業の延長で来てたのもあって、「国家の相対化によって、一国史観が崩れた今、どうすりゃ先生の著書にもあるようなパブリックメモリーが東アジアで生まれますか?てか生まれてますか?」
って聞いた。
そしたらIrie先生が食いついたのは、自分が歴史学者になった顛末で。
そりゃうちのOshibaさん怒っちゃうよ「そりゃあんたね、ハーバードなら儲かりますよ、わんぶりっぢとは違いますわ、そら」って、先生もそれ言ったら殺されまっせ、この研究科長!
俺の質問はさらっと流されました。

んでKwon先生の授業は30分押して始まって、120分伸びて終わった。
んでippの先輩たちと飲みに行って、新歓の飲み会の席で、グアテマラからの留学生♂の股間を弄った日本人のipp一年生♀の話を聞いて、世界レベルってすごいんだな、いえろーもんきーじゃだめか、って思いました。
ちなみにグアテマラの彼、AFTER5の予定を聞くと、決まって
GYM
と答えるそうなww
(こいつ日本語覚える気がなくて、いつもわけのわからん英語使ってるw)

今日は、みんなが提出した、その中でも出来のいいレポートを先生が匿名で印刷してきて、講評するってものだったんだけど、この俺様のレポートが模範解答に無くて、やる気がなくなったのでお絵かきしてました。
曰く「アレ、提出した?あれ、名前あるなぁ?変やなぁ〜」
一気にモチヴェーションが下がりました、あ``あ``ぁ〜

まだ授業が残っているので夏は来ません。
レポートが4つあるんだけど、分量は少ない(多くて一万字、なんてことない、りめんばーそつろん)けど、内容が濃い。その上に全く興味が無いテーマ。
本当になんでここにいるんだろう、と自問自答を繰り返す半年間でした。
posted by swb at 01:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

せつなさで胸を熱く濡らしてる

最近
20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN'ON~ALL THE-S-HIT~
氷室京介

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-06-11
売り上げランキング : 122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を借りたんですよ。

なんつーか、BOOWYも、B'zも、特別好きじゃないんだけど、なんか好きって感じ?
懐かしい曲が何個も入っていて、あーこれこそROCK!!って感じ。
"SQUALL"がイイ。


先週末は、ACIDMAN "LIFE" tour ラストのメッセに行ってきました。
LIFE(the beginning)



1.REMIND
2.ストロマトライト
3.Swayed
4.Ride the wave
5.River
6.式日
7.スロウレイン
8.街の輪郭
9.リピート(アコースティック)
10.赤橙(アコースティック)
11.WALK
12.room NO.138(inst.)
13.彩 -SAI-(前編)
14.彩 -SAI-(後編)
15.オールドサンセット
16.FREE STAR
17.金色のカペラ
18.world symphony
19.ある証明
20.UNFOLD
21.TO THE WORLD'S END

encore
22.シンプルストーリー
23.アイソトープ
24.Your Song

SE
LIFE(the ending)

初めの"REMIND"で、すでに団子状態で、正直「あー帰りたい!助けてくれ!!」って感じ。
"SWAYED"やるとかすげーし。"式日"〜"スロウレイン"は、鳥肌が立った。
"カペラ"からの3曲はもうほとんど曲聞いてないし、何より3人全然見えないし、この流れで"飛光"聞けなかったから残念だけど、"ある証明"が来るな!!ってわかった瞬間からうれし泣き!うわーやっぱこれだよ、ACIDMAN!!
"UNFOLD"は広い会場で聞くとぞくぞくするし、アンコールの2曲は意外!!んで最後は「養鶏!!」連呼ww

俺はライブのファイナルが来るのが怖いのだ。このバンドはギリギリのトライアングル。そして大木さんでもっているようなバンド。その危うい均衡が崩れたが最後、二度と元には戻らないと思う。
すげー仲がいいんだよ、3人。mixiのコミュの人数競ってるし、Mr.ブーツインとか言ってるし。
けど曲調の変化は僕らを不安にさせる。あー解散しないでくれ。
"UNFOLD"歌いながら声を詰まらせた大木さん、あと何回歌えるか、後何回ライブができるか、とかいう大木さん、あぁ解散しないでくれ、と願いながら聞くこのライブ。
結局大木さんは歌い手として、声が万全じゃなかったことに対して情けなくて泣いてたみたいだけどね。

3人が全く見えない、音響が最低だったけど、改めて世界観が馬鹿でかいACIDMANのライブはとてもよかったわけです!!
タオルと、Tシャツと、携帯灰皿を購入。灰皿は使わずにアクセサリー的に使ってます。

20080715012020.jpg

(正直ひどかったんだよ。俺の前の女がね、ライブ中に携帯で話し始めて、携帯の明かりで誰かを探してたり、それ"ストロマトライト"の時だよ?んで彼氏が見つかっていちゃついてるし、みんな前ノリなのに邪魔だしね。何しに来てるのよ。デートスポットじゃねーよ。まぁ絶対曲聞いてないだろ、ってくらい暴れてるやつもちょっときついけど、頭振って、このライブはV系ですか?みたいなファンもいたけど、何よりもこれはきつかったなぁ〜。他にもアコギのときに隣で熱唱してるやつがいてうざかった、とか感想を書いている人もいるし。なんか人数が多くなるとライブって難しいね)

翌日は案の定筋肉痛@ふくらはぎと首ww

昨日火曜日はゼミでした。M2の二人がぼっこぼこにされてた。

んでそのあとむにゃむにゃして立川二郎食べて(味が落ちた、絶対)、研究室で荷物を取って帰ろうとすると、そのM2の人が飲んで帰ってきたところと出くわして、
そのまま研究室タワーの外のベンチで酒盛りw
M2の先輩は早々に酔いが回って研究室へ帰ったwんで俺とD2♀の人と初対面だけど飲み続けて、結局朝の6時前まで話してたwwww

久しぶりに骨のある人と会ったな、って感じ(上から目線だけどw)
TanakaTakahikoゼミ〜Kwonゼミでは、問題関心をとことん聞かれるらしくて、何故自分がこの研究をするのか、なぜ自分じゃなきゃダメなのか、という問いを突き詰めるらしい。
確かに俺もそれは大事だと思ってて、テーマを180度変える人とか、(曖昧だけど)その研究に「恋して」ない人とか、なんでそれをやってるの?って聞きたくなることはしょっちゅうある。
けど、俺だってその先輩からすれば「何故swbくんがフランスをやるの?」となるわけだ。その理由も「好き」だけじゃだめなんだ。「私のどこが好きなの?私のことどれくらい好き?」的な?「やさしいところ?それって他の子でもいいじゃん」となって怒られてしまうわけだ、俺は。

んで、きっとそういう信念がなかったら博士課程なんか行っちゃいけないんだ。就職に失敗したから、なんて失礼極まりないわけだ。

曖昧だけど、何か一つの真理を知りたい、他のやつじゃなくて、俺がそれを見つけたい、と思っているなら研究者になるべきだ、そして話を聞いているとswbくんはそう思っているんじゃないの?と。
けど俺はやっぱ研究にすべてを捧げるつもりはないし、俺の興味があるのはresearchではなくてapplyのほうなんだ、と。

やっぱ研究への未練、というか就活してていいのか?と。それって俺が本当にやりたいことなのか?(まぁ楽しいけどね?)

こういうことを言われるといつも思うんだけど、俺は一体何がしたいのか、何故フランスなのか、自分の究極的な目標って何なんだ、俺って何なのか????という問いに戻ってくる。
結局、何で自分がこの世に生を受けて、23年間生きてきて、死んでいく、何故俺は生かされているのだ?!という、ずーっと抱えている悩みに行き着くのか。

じゃー今死んでいいか、といわれたら、苦しくなければ今死んでもいい、と思う。親を悲しませるのはつらいけど、自分は死んでるから知ったこっちゃ無いし。そんな生に対する執着の無さって、きっと生きる意味とか、生きる目標とか、そういうものが無いからなのかもしれない。何故生きているのか、それがわからない。子供を作ることが生かされている理由なら、そう割り切って生きていきますけど。

にしてももう2年のうちの1/4が終わろうとしている。
横浜から広島に電車で行くとすると(ムーンライトながらで)、たぶん浜松あたり?

・・・まだまだじゃねーか!!ww


-------------------------------------------
こんな本を買いました。前々からこんな研究をしている人がいたのは知ってたけど。堂々と学校の生協で購入。
ラブホテル進化論 (文春新書 620)ラブホテル進化論 (文春新書 620)
金 益見

文藝春秋 2008-02
売り上げランキング : 4081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まぁーおもしろいよ、こんなことを研究していれば本になるんだな、って。
ただ、何故彼女がこの本を書いたのか、それは曖昧だし、研究の結果として、これはたぶん評価できない。
でも、正直言うと、うらやましい。。。

posted by swb at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

夏のかけらで目を覚ました遺伝子たち

なぁ俺と一緒にモナらない?

俺もラブホで飲みなおしてみたいわ、そんなことできるなら!!


この一週間は激しかった。

水曜日。
この日は朝(といっても10時)から赤い銀行のインターンシップの選考会へ。
さすが最大手だけある、集まってる人数が多い。60人くらい集まって、それが10組くらいの時間に分かれてやってくる。
一週間前にモルモルの選考会で会った灯台生と早速エレベーターで会う。やっぱり世界は狭い。

10分くらい去年のインターンの映像を流す。
(さすが日本一の旧財閥、テレビもDVDプレーヤーも系列のやつだった)
んでGD。
この日のテーマに掲げたのは、「なりふり構わず」。
8人で「友人について」でディスカッション。最初に口火を切ろうと議論の枠組みを提示したが失敗。反省。全員が思い思いの友人観を述べていく。自己アピールに余念がない面々、長々と話す。
さぁどう起死回生を図るか、
そこで思い浮かんだのが、


の"MECE"。
it means "Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive"
よし、これに沿って話をまとめてやろうじゃねーか。何個にまとめるの?勿論"3つ"。
それを提示すると全員納得。よし、つかんだ!!その後も出てくる意見を3つに分けて、説明を洗練させていく。如何に端的で、かつ身のある文章にするか、うん、こーゆーのも代ゼミの笹井さんとかでやったなぁーとか思いながら。
(俺の中で)うまくまとめきり、主導権を握ったままGDを終えることができたと思う!
まぁこれで受からなきゃ結果的にダメなんだけど、今までで最高の感触!

その後名詞を求められた。といっても学生の男だけど。わんぶりっぢの、それもM1(社研)発見!研究室で会うなw
その後は海老ちゃんの証券会社のPCテスト@竹橋があったんだけど、偶然GDのメンバーに同じところを受ける人がいて、一緒にあのあたりをうろちょろして、飯食って、お茶した。

選考会は5回目くらいだけど、話して一緒に帰ったやつに共通するのって、mikio@YCUTFに似てるんだよねww俺あの顔がタイプなのかもしれないwwwww

んでテスト。
時間も足りないが、兎に角数学ができない!!

その後は国立に帰ってむにゃむにゃして終わり。帰宅した後も情報収集。

まともに眠れず木曜日。
この日は朝から神田。
なんつーかさ、サラリーマン尊敬するよ。スーツ暑い!ワイシャツの下に着る下着が暑い!

水曜日の会社の同系列の総研に行った。
こっちは人が20人弱。集まってくるメンバーもやっぱ昨日とは違う。
それぞれの話を聞いていると、あー、研究大好きですね、って感じの人たちだった。隣の学生、顔が真っ青で手が震えてた。おいおい、無理すんなよ。
社員からの質問があって、金融のコンサルの人がIR専攻の二人(俺含む)に質問「あのサミットどう思う?」
もう一人の三田院生が教科書的な答えをしたので、俺は、まぁー深く突っ込んでこないよな、時間も少ないし。狙っていこうと
「まぁあのサミットは茶番だと思います」

社員が返答「コンサルってのは正しく分析をして、理解して、正しいソリューションを出すんだよね。なんで茶番なの?」
おいおい、聞き返すの?!俺に集中砲火。。。
やっぱシンクタンクとかコンサルは違うな、と売られた喧嘩を買っておいた。

あとはみんな積極性が無いので質問攻めした。
んで国立に帰り授業。

金曜日。
今日くらい雨が降って涼しくなればいいのに、と思ったけど、地下鉄のトンネルを抜ければ快晴。
六本木ヒルズが眩しかった!!
今日は金色のオトコSUCKS!!!のテスト。
あのヒルズの47階から見下ろすと、天下を取った気分になれる。

テストは25問30分の選択。

これも数学で、距離・速さ・時間の問題とか、確率とか、灯の問題とか、基本的な方程式しか使わないけど、何しろ時間が無い。概算で選べない問題だったし。
20分で10問くらい。
結果、久しぶりに半分くらい全部「2」をマーク。。。
手も足も出ないよ。

その後国立に帰って授業とむにゃむにゃ。

久しぶりにビールに舌鼓を打つ。

・社も変われば雰囲気も変わるし、受ける人間も変わる。
・やっぱ外史は雰囲気がぴりぴりしてる。学生に話しかけても反応薄。
・テスト対策が、今のところ自分に足りないものかな。準備すればある程度できるのに、やってないからできない。可能性をドブに捨てている気分。

夕方メールを見ると、メンチコロッケみたいな名前の某外資から"残念ながら貴意に添えない結果"を受けました。

何でダメなのか、教えて欲しい。
まぁー外資なんて受ける人数多いからGDやんないのかな?テストとエッセイじゃー、数十倍の倍率を乗り越える自信はありません。

エントリーだけでこの夏が終わってしまいそうな予感。
折角だから一つくらいやらせてくれよ。

いや〜朝早起きだし、暑いし、課題読みながらだし、急いで帰らなきゃならないし、てんてこ舞いだったけど、いい経験になりました。

ただ、本当に何で受からないのか、それだけ教えて欲しい。
まぁその答えはきっとシンプルなもんなんだろうけど・・・。

大学院にきたからできるようになったわけじゃないけど、何が論理的か、違うか、って区別もつかないけど、話を聞いてて、あ、この人の話はおかしいな、支離滅裂だね、とか冷静になれるようになってきた。GDでも授業でも。

あとさー、みんな話し方おかしいよね。つくづく思う。
俺って体育会系なはずなのに、全く敬語使わないじゃん?(使えないんじゃない、使わないだけだ、と思う)そんな人間が、あーこいつ敬語変でしょ、とか。
そーゆー細かいところまで見てて欲しいな。俺はろくな人間じゃないが、育ちは悪くないと思う。

もう7月だよ。まだ授業はあるけど。
レポートが4つ? この一週間は乗ってると思う。ただのレポートだけど、構想がふわぁ〜っと頭で浮かび上がる。いい兆候。
口も絶好調。

今年の夏もナツいぜ!!
posted by swb at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

あの世で俺にわび続けろオルステッドーーーーッ!!!!

クロノトリガーがNDSに移植されるとか。

久しくゲームに触れていないけど、名作の名前を聞くと思い出します、あの頃のことを。
SFCのRPGの名作といえば?
やっぱLIVE A LIVE!!

あの中世編ほどガーンってストーリーはないよ。
小学生にはきつかったよ。魔王はいないわ、親友に裏切られるわ、ヒロイン・アリシア自殺するわ、主人公魔王になるわww逆セシルか。

あとBGMがなぁ〜やばいんだよな、これ。メガロマニア最高。
サントラ欲しいなぁ〜。

---------------------------------------
気が抜けてます。
授業に身が入りません。
後期も相変わらず興味の無い授業が多い。
何が理論を中心にやるだよ、何にも教わってないよ。。。

でも、自分の研究のほうは、新しいステージに!

----------------------------------------
サミットやってます。

サミットの周りではデモ隊がわんさか。おかげで遠く離れた都内でも、警官がいっぱい。けど、さすがに「都下」は普段と変わらない。

エビアンサミットのときだったかに、サミット会場の周りでドンパチ騒いで人が死ぬまでになっちまったから、以来会場は山の中とかになった。

デモ隊へのインタビューを聞いていると、
「あの8カ国で世界の趨勢を決めようとするのが意味わからん」
という意見がよく聞かれる。
かの?Suzan Georgesとかも文句を言って、彼女は"alter globalization"なんかを主張している。
確かに人口でいえば、中国もインドも参加していない以上、地球市民の代表とは言えるはずも無いよね、8カ国じゃ。この点は理解できる。

けど、結局G8以外にどんな人間たちを集めればいいのか、デモ隊に参加している人たちは教えてはくれない。

ついでにいうと、暴れるのもよくないと思う。
街中で暴れて、一般市民から白い目で見られる。そうなると結局反グローバリゼーション運動やらalter〜も受け入れられなくなる。日本の古くからいる「そーゆー方たち」みたいに。

勿論デモが悪いわけじゃない。市民が政治的な意思表示をするために、フランス流の「街頭の政治」を繰り出すのも悪くない。
けど、暴力は良くない。

兎に角、G8体制も、UN体制も、次善策として悪いものではないと思うのです。
まぁ冷戦終わって、完全にその役目は終わったと考えていいだろうけどね。サミットじゃなく、G8のほうはまだそれなりにパワーがあるだろうけど。サミットは議題がはっきりしないからね、話もしにくいんでしょう。

あと、サミットに経済効果を期待するなんてさ、どーなんよ、それ。
日本のその、なんか世界的なイベントやればOK!!的な考え、もうやめませんか?オリンピックだってそうでしょ。結局アレは国の予算をふんだくる為の口実であってさ。洞爺湖だって金が欲しいからあそこにサミット誘致したんでしょ?
んでサミット始まったら誰もいないだなんて、あほらしいよ。
(そもそも洞爺湖ってそんなに有名か???)



さて、我らがサルコジはきれいなお嫁さんがついてきてくれなくて、洞爺湖でさぞかしさびしい夜を送っていることでしょう。
彼のメッセージとしては、G8じゃなくてG12にすべきだ!!とか言ってる。さすが"alter-globalization"が盛んな国。


中国やらインドやら、CO2出しまくりのdeveloping countriesをG12に入れる→こんな国を温暖化防止レジームに入れるにはどーすりゃいいか→化石燃料に頼らないエネルギー体制を教えてやればいいのさ→それって何?→風力?太陽光?いやいや、そんなん待ってられん、じゃぁ何?
⇒そりゃーフランスがぶっちぎる原子力エネルギー!フランスが原子力のイロハを教えてやるから、中国とインド、G8に入ろうぜ!!

こんなことを考えているはず。
フランスは世界でアブナイ国と考えられているリビアなんかにも原子力売っちゃうような国だからね。
原子力の代わりに石油、ってこともありうるが、そもそも原子力自体が金になる。
(シラク=右派の周りには軍産複合体がうじゃうじゃいた。勿論そいつらは原子力も扱ってる連中だ。そんなシラクが、フランス同様原子力でどうにかしてやっていこうと考えている日本と、仲良くしたのもこういう背景があったからかもしれない)

まぁフランスって国は本当に食えない国です。

それだけじゃなく、G12ってことを言い出すのも、伝統的な勢力均衡を目指す世界観を持つ、フランス外交の特徴であると思われますね。
冷戦が終わってからというもの、どーにかしてアメリカの独裁・暴走を防ごうと世界レベルのbalance of powerを築こうとしてきた。その結果がG12構想だったり。

まぁそもそも、経済的には二流のフランスがアメリカ、日本、旧西独という世界経済の牽引車を呼び込んで作ったのがサミット。
最初のサミットはランブイエ。古城らしい。やったねジスカール=デスタン。

まぁーいろいろ考えてみましょう。
posted by swb at 00:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

夢見る院生じゃいられない

もっと激しい夜に抱かれたい〜NO NOそれじゃ届かない〜
素敵な嘘におぼれたい〜NO NOそれじゃ物足りない〜

特に意味は無い。


土曜日は、わんぶりっぢの学園祭だったみたいだったけど、

やっぱ学祭ってのはその学校の雰囲気がよく表れている。
KOなんてのは、(聞いたところでは)なんぱの嵐やし、
早稲田は、兎に角ぶっとんでる(けどお酒がないからまだ程度を知ってるらしい)。
学習院なんてのは質がいいよね。
YCUってやっぱ田舎で小さいからこそ、スケールは確かに小さいかもしれんけど、まぁ活気はあると思うんや。
わんぶりっぢの今回の「小平祭」ってのは地域と一帯で行うし、今年は特に5月に新入生が急性アル中で亡くなってるのもあるからかな?すんげー大人しかった。
だって同じキャンパスで学園祭やってるはずなのに、院生の研究棟はいつもと変わらずに。何しろ「日本タイ学会」の会合してるくらいだし。

そんな風景を見てると、YCUも悪くないと思うし、自分はここに愛着とか、帰属意識、みたいなもんは湧かないんやろな、と思う。

夜はKurokawa先生とFukuiさん、Aokiさん、Togashiさんと飲んできた。
当たり前だけど、みなさん元気でした。

まぁーいろいろ言われましたけど、言ってる事はもっともだし。
自分で自分の限界を決めてるのかな、とも思うし、追い込まなきゃ行けないところもあると思うし(だとしても見切り発車で海外に行きたいとは思わないけどなぁ。。。w)。
でも確かにAokiさんほどの行動力があるのはいいことだよね。
無茶はしちゃいけないけど、無理はしなきゃいけないのかもしれない。でも二兎追うものは云々。
難しいところ。

あとまぁ、働き始めても衰えないAokiさんの好奇心?
あの衝動を働き始めても維持して、それでいて抑える事ができるのだろうか。
実際課題そっちのけでネタ集めたりしてるの楽しいし、1時間くらいずーっと脳内会議してるのも面白いしね。

まぁやっぱまずはレポートを4つ終わらせないとね。
あとはやっぱ、お金だよね。
早く奨学金入らないかなぁ〜。
posted by swb at 20:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

元気が出ない

がっぴぃ>別にぶれてるつもりはないし、ただうまくいってないだけです。
merci>実は三足の草鞋なんです。別に足が三本あるとかいう下ネタじゃなくってよ。


水曜日、そんなこんなでレジュメを作り、寝て、んで授業へ。
コメントを読んで、さぁディベート、と言うところで先生が「うーん、swbくんのコメントよくわかんないんだよね、なんだか今日は焦点が絞れてないというか、
んー

キレがないよね」


( ̄□ ̄;)!!
ガ━━━━━━━(゚□゚*川━━━━━━━━ン!
щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!
く("0")>なんてこった!!



(;д;)=3=3=3=3


勿論「いやこれは、あーでこーで・・・」と説明して「あぁ、ならわかるけど」

けどその日に限って1時間以上早く授業終わったし。

ゼミでフルボッコ、んでもう一つのこの授業でキレが無いと。
寝てないし、GDよくわかんないまま終わったし、キレが無いし。

見事この一週間すべて外食、またはコンビニ、

今日は仙川二郎まで遠征してきた!

やっぱ京王線たまんないね。

仙川二郎では
小ブタぜんましにんにくましまし。

半年ぶりにきたけど、
辛そうでいてまったく辛くない。ちょっとダメですね。
でも八王子系とも少し違うんだね。
都内二郎に帰りたい今日この頃。目黒二郎がもう少し駅から近いといいのに。

来週は週の後半、立て続けに都内に朝から!はしごもあるし!
就活生より就活してんじゃねーか?!こんなに忙しかったの、みなさん。

クニタチ遠いよ。
課題もあるし、ゼミもあるし、アレもあるし、就活もと。
もうね、アホかと。
ACIDMANのライブ忘れて普通に予定入れてたしね。
もう7月終わっちゃうよ!
posted by swb at 21:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

愛ではなく恋をした?

kwg>結局今までと同じことを言われた。いろんなことを論文で書こうとするな、って。そりゃそうだ。
merci>「愛こそすべて」はそっちじゃなくて、FFTのあの最終章の名前のほうを意識してw
暇はないっす。人間の道を逸れてみたいです。

水曜日は、真ん中ぽっかりお休みの日

なんだけど、昨日夜少し寝て、いろいろ課題やらタスクをこなしていたら3時くらいで、そっから寝ようにも寝れなくて、結局7時まで起きていたのでそのまま。
全然寝てないよ。やること多すぎだよ。

午前中はアレに時間を費やして、
午後大学に帰ってきて、
あるコンサルに決まった先輩とたまたま出くわし、俺のこのタスク・トライアングル雁字搦め生活のことを愚痴ったら、すげー気が楽になった。

んで今日は戎で選考会があったんです。
早く着いたから喫茶店でネクタイ締めて、顔拭いて、んで行こうと思ったのに、目に付くのはビール屋さんくらいなんだよね。当たり前か。

10分前ともなると、建物に入れないため、俺と同じ境遇の人間が日仏快感の前に集まり始める異様な雰囲気。

「時計仕掛けのオレンジ」を作った監督の名前と同じ名前を冠する会社のインターンの選考会ですな(わかりづらいって?ファーストネームのほう)。そこの債券のやつ。

60人くらい集まって、この会があと4,5会開かれてるはずだから全部で300人弱、応募者は全員呼ばれたみたい。

名前と大学名を書く紙が回ってきたんだけど、正直ドン引きだよ。
灯台農学部、灯台情報学環、ICU、早稲田化け学研究科、KOのMBA・・・学歴が遠く及ばない、とかそういう意味じゃなくて、そんな人しかここにはこないの?っていうね。
10分くらい会社の説明をして、あとは10人くらいと会社2年目の人でグループ面接ってやつで。

みんな自慢が過ぎる。
ステレオタイプで、「俺は金融の知識が半端じゃねーよ、よろしく」タイプか、「私、金融のきの字もわっかんないんだけど、興味とやる気だけはあるからよろしく!」タイプね。
俺は?
ハゲタカ読んで、俺も日本をバイアウトしたくて来た。
って答えた。そしたら
あれってうちがモデルでもあるんだよねーとか。

あと誰から言うか、って時に社の人が「積極性って大事だよね」って言った瞬間、俺以外のメンバーが全員手を挙げてwwおいおい、そんなにしゃがりきになってもさ、って感じ?

なんで金融選んだの?って質問で、
御社が私を成長させてくれるから、って答えた上述ミッション系のボンボン。
すぐさま社の人の顔が変わって、
いやいや、社は何にもしてくれないよ。自分で成長するんだから。
だとさ。

あと女の子が、この会社と双璧をなす"金のsucks"のほうが7-23時勤務でやべーって聞いたけど、どうなの?
って問いには、
私はもっと働いてますよ。ってさらって答えて、全身全霊を傾けないと、首とは言わないけど・・・ね、って答えてた。

なんかね、思うんだけど、
たぶん世界一経済の効率性とかを考えてる連中が、何でそんなばかげた生活して、非効率なワーカホリックになってるんだか理解できないんだよね。
なんかこのことを考えて、あーその点やっぱ外紙って俺には向いてないのかな、って思った。

まぁー俺は終始ニヤニヤしながら聞いてたわけです。質問も適当にしながら。
以下思ったこと。
・灯台のやつが、偉い御託を並べて、自分はさもすごいんだぞ、と知識をひけらかしていたけど、相手はプロなんだからそんなことしたって何の意味も無いんじゃないかなって思った。
・ここを含めて外史系ってすごい人間が集まるって言われて、それを少し期待していったけど、こいつらの何がすごいのかちっともわからない。俺より間違いなく勝っているのは、たぶん生涯勉強時間くらいだと思う。なんでこんな連中に踏み台にされなきゃいけないんだ、と思った。言葉遣いとか、人前で話すこととか、質問に的確に答えるとか、そういう基本的なスキルがねーよ。いくら金融の知識持ってても、喋りながらペンをくるくる回してちゃいかんと思う。
・こんな30分にも満たないグループ面接で何をもって選び出すんだろう。
・灯台のやつと話してたんだけど、やっぱOBネットワークがあるのは優位だと思った。あの大学で金融のゼミに入っていれば、自然と先輩から情報が流れてきて、俺が話してた学部生は〜〜ナビには登録せずに今のところ全部先輩の情報を頼りに、それでいて俺よりも多くのところに登録してた。そりゃ俺負けるよ。


なーんか歯ごたえの無い選考会だった。

けど、一つ思ったのは、もうお遊びは終わりで、そろそろ本格的にこーゆー場でどう受け答えをして、どういう戦略で挑むか、考えたほうがよさそう。
俺が持ってる最低限のスキルじゃもう対応しきれないな、って思った。


ちなみに、
貝のマークの会社の選考には漏れたよ!
一緒に行ったわんぶりっぢの娘は受かったのに。why me?
あの会社、絶対バイアウトしてやる!!
なんで落ちたのか、理由がわからないので、反省のしようがありません。これが就活の難しいところなのかな。

まぁ債券なんておまけで登録したところだから。落ちてもいいし。でもやっぱinvestment bankingのほうは人気が高いみたいね。

あぁ、あとここの受付やってた社員さん、めっちゃきれいだった!!
でも絶対受け付け対応枠での入社だな、って信じることにした。
なんでこんなきれいな人が入社できて、物理を大学院まで選考してた人が入社できて、俺に入社できないの?

一つ思ったのは、就活自体は面白いけど、内定取るという戦いは何か研究の戦いに比べて面白みが少ないなって思った。不確定要素が大きすぎるし、相手の土俵で戦うわけだし。

兎に角寝てないので帰宅後シャワーですぐ寝て、今から明日の発表の準備を。
大学院生の就活ってやべーきついんだけど。あと1年もたないよ。

posted by swb at 01:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

愛こそすべて、じゃまじーのか?

人生で初めて、とまではいかないけど、
3日間で睡眠時間が5時間くらい、と言う死のロードを抜けきりました。
まぁ結局自分自身が悪いんだけど。

月曜日。
結局ユーロを見ながら一人オールして、
3限の授業をやっつけで終わらせて、その後研究室に篭るが、
その後はIPPの一年生たちの飲み会。@新宿
みんなお淑やかに飲んでて、体育会系の僕は周りを煽って酒を注がせて、久しぶりのちゃんぽん。ビール瓶→ワイン→ジン→ウィスキー。
まぁこんだけ飲んでた理由は、察してください・・・。

そこから駅に向かう帰りが面白かった!!
初めて会ったカザフからの留学生♂(っていっても大使館で働いてる)とベラルーシからの留学生♂と英語とフランス語と日本語で喋って、久しぶりに騒いでた。
ちょー面白い。
もうすこし飲みたかったけど、女性陣がスタバに行くという。
俺は飲まずに最後まで付き合って帰宅。

やっぱこうやってしてると留学したいなって。
けど、修士課程として行く以上遊んでばっかいられないだろうしね、学部生と違って。
でもめっちゃ面白かった!!
7-8月の笑う分を笑いきったくらい笑った(先が思いやられる)

でもそっから現実に戻って、12時に研究室に来て、そっからレジュメ作りを。
殆ど意識が無いままレジュメを作り、とりあえずメールで送る。
1時過ぎに帰宅して、寝て、んで頭痛で6時前に起きて、麦茶がぶ飲みして、発表の準備をする。また少し寝て、腹が異常に減った(何つーか、女の子基準の飲み会は、腹が減る)ので昼二郎@府中。

12時くらいに先輩からのコメントが来て、大急ぎでそれに答えるレジュメを作って、んで発表。
もう一人のヒトが発表している間、眠くて眠くて。

んで発表。
まぁ結果からいうと、4年間ゼミやってきたけど、最悪の反応だった。

まずさ、とりあえず先行研究が足りない、って
探しても無いんですって。
あるよ、きっと。ってじゃー教えてください、どこにあるのか。
じゃなくてもヒントください。

趣味でやるんじゃないんだから、意義とか、いろいろ考えなきゃダメでしょ。

なんかさーいわゆるフルボッコでさ。
勿論こりゃあかんとかいわれたわけじゃないけど。

学部生の時みたいに好きなようにできないんだな、って思った。
いろいろルールがあるんだよね、研究の世界って。

イライラしてて、
俺は考えることを止めた。

そしてレジュメに怒りをおさめるために、フランス語で素数を書いていった。

俺はJOJOか!

もうイライラして、
みんながドゴールドゴール、ゴーリズムゴーリズム、エネルギーエネルギーいうから、
もう嫌になってきて。
もうフランスの研究なんてしたくなくなっちゃった。
俺はフランスが、ドゴールが好きだから研究してる。けど、それではダメだという。それは趣味だという。研究ではないという。

なんかもうフランスが嫌いになってしまったよ。
今日の発表で、俺のフランスやヨーロッパに費やしてきた4年間が全否定された気分だったよ。


もう全然関係の無い研究しようかな、
たまたま家に帰ったら、10ruから薦められた本が届いてたから、あー頭に来たから今度の発表は「何故投資のプロはサルに負けるのか?」とかテーマにしてみようかな、なんて考えて、
十数時間ぶりに寝て。

起きて風呂入りながら考えたんだけど、やっぱフランスしかないよな、俺にはフランスしかないよなって考えに至ったわけです。

でも研究って何なんだろうね。
その研究に対する愛情とか、関心が無きゃやっていけないし、
かといって自分の興味だけでは趣味だと批判され、研究の意義とか社会での実践とか、そういうことも言われるわけで。
俺からすれば、それ趣味なんじゃない?って言ってる人間たちのほうが、つまり一般的な研究者のほうがよっぽど現実社会からぶっ飛んだことに時間費やして、単なるライフワークになってると思うんだよね。

てめーらなんかに言われたかねーぞ!!って怒り。

研究に対する愛情だけじゃダメなんですって。やさしいだけじゃダメみたいね。そんな器用なことできませんから、俺。
posted by swb at 02:19| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。