2008年05月31日

seed

今ガンダムseedでピカーン☆っていった気分なの!!
またはロマサガ?

課題の論文は毎回のように読めてる
         +
課題を見たら、ぜんぜんイメージしてたものと違って慌てる
         +
急いで裏紙を使って構想を練る
         +
そういえば今日の英語で使ったネタがあった
         +
これを使うか。でもどうやってやろう。あーでもねーこーでもねー脳内会議
         +
あ、2年のゼミ論の脚注に確かあんなこと書いてたな
         +
でもその本買ってないからうちにないわ
         +
仕方ないから似たような本で探してみよう
         +
Uehara先生の論文も入ってる、彼女からもらった本
         +
たまたまめくったページにあった、今まで聞いたことのない研究者
         +
それも経済学者だから関係ないか、と思ってた
         +
しかしそこには見たこともない表が!!!!!
         +
俺が求めていたものとは違うけど、もっとtres bienじゃねーか!!(ここ、ライブアライブの近未来編の主人公風に。フランス語喋らないけど)
         ↓
さぁ、ご一緒に。
キタ━━━ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ━━━!!!!
キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!
キタ━━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━━!!!!!!
キタ━━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━━!!!!!!

キタキタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
キタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!
キタキタ━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━!!!!!!!!
キタキタキタ━━━━━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━━━━━━!!!!!!!!!!
キタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!
キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!
キタキタキタキタキタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!


こりゃ失敬。
Political Science Research MethodsPolitical Science Research Methods
Janet Buttolph Johnson H. T. Reynolds Jason D. Mycoff

Cq Staff Directories 2007-12-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今方法論の授業ではこれを使っています。これの今はchp.4かな。

たぶん、たぶんだけど、それこそこれはempiricalに測定できる代物ではないけど、
たぶん、こーゆーbreakthroughを見つけたときのエクスタシーって、そんじょそこらの欲望が満たされたって感じ得ないと思う。

実際眠いから全然「ちょーきもちぃー」ってわけじゃないんですけどw

相変わらず金にならない研究だな。。。
posted by swb at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

もう後戻りはできない

不思議なこと。
記事を書かなくてもこのblogの人気ランキングが上がっていること
(といっても元が30000位で、今が18000位ってくらいだけど)
記事を書かない日が70views、記事を書くと120viewsくらい。
マイミクが123人だけど、その中でもRSSリーダーorブックマークから見ている人が多く見ても10人くらい。
一体誰が見ているの?

-----------------------------------------------
先週の日曜日に誕生日を迎えました。
23歳になりました。

mixiにメッセージが届くか楽しみにしていましたが、
一通も届きませんでした!

メールをくれたYasuda@YCU、nicchi、merci、kidoちゃん、ありがとう。
メールをしてたのに、(ほかの事のショックのあまり)全く気づいていなかったあなたは反省するようにww

24日は大雨にやられ、なーんか嫌な感じでしたが、
生まれて初めて銀座のホテルのレストラン?でご馳走になりました。
スーツで決め込めばよかった!!
「次は結婚記念にお越しください」と言われました。「いつになるかわかりませんね」と苦笑いするのが精一杯でした。
ありがとう。

23歳、という数字に何の気持ちもないけれど、
ただただ、進んでいくだけです。

--------------------------------------------
翌日は母から凸・・・ではなくデコメールが届いた(どこで覚えたんだ)。

入院していた祖母が一時退院ということで、家族4人で寿司とサンドウィッチを食べているということ(どんな食い合わせだ)。

この一件は、想像以上に俺を含めた家族に衝撃を与えたみたいで、一人で暮らしている俺でさえ、それを考えると胸が締め付けられるような思いだったから、側で見ていた母はどれだけ大変だったか。言葉をかみ締めるように、疲れたよ、とこぼす声は聞くに堪えなかった。婿養子の父でさえノイローゼで不眠が続いたり、家族の一大事に小6の妹も母曰く「少し様子がおかしいのよ」とのこと。

命にかかわる病気で入院したわけではないので、差し迫ってどうこう心配するほどのことではないけれど、祖母の衰えには家族みんながショックを受けていた。
それを間接的にしか伝えられない俺と弟も、心配だった。妹は知らないが、祖父が衰えていった時のことを断片的に覚えている俺ら二人は、言わなくてもあのときのフラッシュバックを見ていたと思う。俺はなれない生活に加えて、プライベートでもこんな感じだったので、実家に帰りたいような、帰りたくないような、落ち着かない気持ちだった。

それが、一時退院できるまでに回復し、電話で俺との受け答えにも即なくこなす姿を見て(聞いて)、安心した。
何よりも両親の落ち着いた声を聞いて安心した。

こんな心配は些細なことだし、笑われて当然だけど、
海外に留学して、海外で就職して、海外で働く、という選択肢に、いつになっても積極的になれないのは、家族の心配があるから。
別に両親は健全なんだけど、もしも、って時にそばに入れないかもしれない、と考えると日本に、いやせめて関東にいなきゃな、って思ってしまう。
介護などの負担を重荷に感じる反面、家族のそういう絆から抜け出せない、自分がいる。
まぁともかくよかった!!

親父に銀座で祝ってもらった、といったら「何を着て行ったんだ、場違いじゃなかったか?」と言われた。外面ばっかり気にするところまで似ているな、と笑った。
昔は似ていることに複雑な気持ちだったけど、ふとした瞬間、この両親の子供なんだな、と思うことが嬉しかったりする。


----------------------------------------------
前回デュルケームの記事を書いた翌朝、元TBSアナが自殺した、というニュースを聞いて驚いた。

<川田亜子アナの自殺>

別に好きでも何でもないアナウンサーですが,残念ですね.



某先輩の日記にもありましたが,周りの人間は何もしてなかったのですかね.日刊ゲ○ダイの記者ですら精神的に病んでいることに気づいて10日くらい前に記事を書いてるのにね.



病院連れて行けばかなりあっさりと薬もらえたのにね(薬との相性とかあるから「治ったのに」とは言えないけど).「今は辛いかもしれないけど,がんばって」じゃなくて「辛いなら病院行ってきなよ」と周りの人間は誰も言わなかったんだろうね(憶測ですが).



死んじゃったらおしまいだよ.



メンタルヘルスってもっと市民権得ないとだめだよなー.
(引用・http://www.omiya0038.com/weblog/2008/05/post-21.html)


こういう考えを、どれだけの人間が共有しているか。
たぶん精神の病って認知されにくいし、日本には根性だ!!みたいな精神論が土壌にあるから、なかなか受け入れられないのかもしれないけれど、
薬でどうにかなるものなら、治療すべきだと思う。
どんなに辛い事があっても、やっぱ死ぬって選択肢はとっちゃいけないと思う。それこそ薬でどうにかなるならなおさらでしょう。
生きたくても生きることができない人がいるから、飢餓で苦しんでいる人だっているのよ?とかいう、命を相対化して自殺を抑止する論調があるけど、これには賛成できないね。命は自分にとって絶対的な価値を持つものなんだから、他人の命とは比べることができない。

硫化水素自殺が流行っているみたいだけど、
やっぱ(もし)自分が自殺を選んだとしても、他人に迷惑かけてまで死のうとは思わない。ex)電車にダイブ。

川田さんにしても、硫化水素の自殺にしても、マスコミは何を目的にあれを伝えているのか。メッセージがない。

まぁまずは、命がどうこう言う前に、日ごろから精神的な健康を維持することが必要ですよね。
薬なんて精神病だろうが、肌荒れだろうが、飲まないに越したことはないんだから。
走りましょう、泳ぎましょう、歌いましょう。

-----------------------------------------
閲覧室=勉強するエリアの風通しが悪くて、なんつーか男子部室の臭いがする。
早く研究室に入れてください。
明日は図書館閉まるし。

平日のうちに授業の課題を終わらせ、土日は自分のために使う、と決めただけで心にゆとりができました。
あくまでも決めただけです。

まぁこういう生活にあこがれてたのも事実だけど、
寝ても覚めても、あれ読んでこれ読んで、人間とも喋らず、
一体どんな生活なんだと。
走りながらも研究計画考えたり、夢にも課題が出てきたり。

やれ授業にかわいい子がいないか、とか、いつ飲みに行くか、とか、いついつに大会があるぞ、とか、誰かと誰かがついた離れただ、そんな鮮やかな記憶。

-----------------------------------
一番書きたいことを忘れていた。

フランス語の授業で、この夏から留学する学部生が二人いて。
一人はまだ受け入れ校が決まってないんだけど、一人はシアンスポ。

パリ大学(ソルボンヌとか)ってのは日本の大学と同じ。
んでシアンスポ(Sciences-Po)などのグランゼコールは、キャリア官僚養成学校。その上にはENAという大学院みたいなものもあって。
そこに留学できるなんて。

イーーーーーーーーなーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
まぁうちや本郷、上位私立に行けばどこにでも相互受け入れはあるんだけどね。

行けばいいやん。そらそやけど、やっぱネックは語学だよなぁ〜と思う。勉強すりゃーええやん、いや、しとるがな。

ついでに言えば、遊びに行くわけじゃないからね。
一応学部生とは違って、こっちは修士課程としていくわけだから、それなりに考えなきゃいけない。

はぁ〜学部生のときにしておけばよかったなぁ〜なんて。
(勿論YCUは中国か北米くらいにしかそういう制度なかったみたいだけど)

歩いてたらポスターに、外資・海外NGOインターンシップ説明会!!ってのがあって、こりゃいい、いってみようと思ったけど、その資格には「TOEIC750以上」ってあって、あー無理ですね、って。
もっと英語勉強しておけばよかったなぁ〜なんて。
いや、してるんですよ?

次の一歩を確実に進んでいくことで、未来が開けるのか、
未来を思い描くことで、次の一歩を踏み出せるのか。
とりあえず次のTOEICでスコア100アップを(んな無茶な!)
posted by swb at 02:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

デュルケーム

明日の3限の授業、方法論の授業なんだけど、
自分の仮説と競合する仮説をどう潰していけばいいか、というところで、
デュルケーム(Emile Durkheim)の「自殺論」が例に取り上げられていて、彼がどのように理論を構築していったか、という例示がされている。

デュルケームは、ヴェーバーと並ぶ近代社会学の大家。
社会学に経験主義を持ち込み、研究対象を個人から社会に広げて、社会「学」にまで高めた人間。
宮島さんの本で有名。去年図書館に篭ってるときに少し読んだ。

曰く、個人主義が強ければ強いほど、自殺率は高まる。
(論は統計学的に後に否定されたけど、プロテスタント>カトリック>ユダヤ教の順に、また独身者>既婚者の順に自殺率が高い、と彼は統計学で論証した)


それはいいんだけど、

なんで一番鬱な授業のテキストに、よりによって「自殺論」の例を持ってくるんだろうか。

文を見てれば
suicide suicide suicide
kill oneself kill themselves
mental illness
social disorder
suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide seaside suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide suicide



アーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
suicide
posted by swb at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

あいきゃんとすとっぷ

八景での生活はある意味では恵まれていて、
チャリで1分のところにラーメン大将(水曜日定休)があり、
チャリで5分くらいのところに横横家(月曜日定休)があり、
チャリで学校から10分くらいのところに金八家(火曜日定休)があった。

俺は細めん豚骨が嫌いみたいで、大公は好きになれんかった。
まぁジロリアンが大公に行くのはアンビバレントかしら。

朝昼飯抜きで3限が終わったあととか、ちょいとチャリを走らせて金八、
夜小腹がすいたら横横、夜遅い時間なら大将、
ラーメンに恵まれていた。

京急沿線はまさにラーメン天国で、
(実際そんなに行ってないけど)
家系は困らない。そして、関内二郎が一番近くにあったことは、今俺がジロリアンとしてある、その最大にして最高の要因だ。

何がいいたいかって、金八に行くノリで二郎に行くようになってしまっている自分が怖い。
それも、
「アー、今日月曜日で横横休みだから金八行こう」
的なノリで、
「アー、この前は立川行ったから、今日は府中かな」みたいな。

久しぶりに仙川二郎に行きたい。
あと、野猿にも行ってみたい。


ストレスがたまる→二郎に行く→もうここまできたらビール飲んでも変わらないよな→最近缶ビールにお菓子も買うようになった→また太る・・・と自己嫌悪⇒更なるストレス


最近生え際が後退したんじゃねーかって本当に心配なんだよね。
まぁ髪に何一つやさしいことしてないから仕方ないっちゃ仕方ないのかな。ラッシュはまだ使ってるけどね。


ということで、相変わらずなんの歯ごたえもない月曜日の授業でした。

フラ語は何にもわかんないけどね!!
何が面白いのかわかんないよ、みんな笑ってるけど!!

だんだん周りの平均年齢が上がってきて思うんだけど、
あーいい年したおっさんがJKとかをガン見するのもわからんでもないし、若い子にちょっかい出したくなるのもわからんでもないな、なんて。
勿論犯罪はいけないよ!!!
お金を払ってまで、とは思わないし。

雨止まないかな。
posted by swb at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

五月雨の季節・アングリーフィスト

5月といえば、俺様の誕生月であり、そして毎年のようにその俺は鬱屈とした精神状態にあるわけで。

あーー。
金曜日の4限が終わった瞬間はとても晴れやかで、
土曜日の夕方くらいには「あぁ、また一週間が始まってしまうのね」と。
どっちにしろ日曜日は課題に追われて終わってしまうからで。

まぁ?
「学生なんだからいいじゃん」とか、
そういった声は勿論あろうかと思います。

飲み会に行って、そりゃ社会人の皆さんが多めに払ってくれるのはうれしい限りなんですが、
何か社会の一定の基準に、自分は満たないのか、そりゃ金はないが、払えないこともないぞ?
まぁ当分はご好意に乗っかっておくつもりですが。
みなさんのお金は無駄にはしません。

----------------------------------------
土曜日は、関カレを見てきた。
木高の陸上部出身の後輩が、市大の陸上部に入ったと。彼は高校時代は「赤ジャー」を着ていたようで、月日の流れを感じて。
後輩が入ってくれたことに加え、意識が高いのはとてもうれしい!!
たぶんこんなに意識の高い部活だったら、俺は入らないだろうけどww
俺らの代みたいに、いろんな価値観を持った人間が共存できる部活になって欲しいと思います。

それはそうと、やっぱ陸上はいい。
ジョグをしていると、1500mの選手のすごさがわかるし、10000m走る女の子は尊敬する。
ていうか、あんなに健康的な体を持った男女を見るのが久しぶり。
普段見ている人間は男も女も洋ナシ体型ばかりで。
変な意味も少しあるけど、ずっと見ていたいようなww
やっぱ健康的な体には健康的な美しさがありますよね!!

自分もダイエットのためのジョグだけじゃなくて、長いスパンで考えて、短距離の練習をしたいと思った。やっぱタータンの上を走りたい!カーブを走りたい!
ということで、リレーメンバー組みましょう。

その後はOBで飲んできた。
ゼミにしても、こいつらにしても、「帰ってくる場所」のようなものがあるのはとてもいいと思った。
もう帰ってこない日々だけど、大切にしなきゃいけないぞ、と半年前の自分に喝。
あ、ごちそうさまでした、みなさん。

------------------------------
金曜日のOshiba先生の授業では、
カンボジア子供の家というNGOを運営している人をゲストスピーカーとして招いた。
彼は、カンボジアで孤児院や学校を運営している。タイでの売春や、カンボジアでの人身売買、特に最近では臓器売買なんてものが問題になっているけど、彼はその原因の根本を教育不足と見る。経済成長も教育から。その辺の考え方は、戦後直後の日本人と同じだね。

現在彼は、脳にがんを患い(これって何がん?)、余命幾許もない中で、後進の育成に残りの人生をささげている。
日曜21時からやっている、単なるバラエティーに堕ちた番組が、カンボジアに学校を作ったことを批判していた。

彼の話の中で面白い、というか考えさせられたことは、
ある日彼は日本大使館から呼び出しを受け、名刺交換直後にこう切り出されたそうだ。
「麻薬は儲かるらしいね」
本人曰く麻薬なんてやっていない。しかし何故?
話をかいつまめば、彼が学校建設などの際に地雷除去を行うのだが、それはカンボジア当局にとって目障りらしいのだ。おそらく日本大使館は当局からの圧力を受けたのだろうね。
何故?
地雷が埋まっている限り、世界中からODAや援助資金が集まってくるからだ。
富の再分配を行う政治システムがいかれてるもんだから、こういった金はほとんどが支配者層に落ち、本来必要とされるところには届かない。

勝手に地雷を除去してもらっては困る。だから麻薬という難癖をつけて、彼を脅迫した。麻薬で摘発するのは簡単だ。警察が持ち込んで、家宅捜索して、なんじゃこりゃーって叫べば終わりだ。
90分いっぱい喋り続けたので、細かい質疑応答はできなかったが、Oshiba先生があとで解説してくれた。


まず、フランスのエネルギー政策なんかを見ている自分は、果たしてそんなことを研究していいのか、と思う。死に直面している人たちにとって、自分の研究なんて役に立つのか?こういう最底辺で苦しんでいる人たちを救う術を研究するほうが大切なのではないか?
貧困の話題を目にするたびに、この良心の呵責というか、見て見ぬふりをしている自分が、情けなくなる。

そして、カンボジア当局然り、現在のミャンマーと中国政府を見ていて思う。
ああいう国の支配層というのは、既得権益にしがみついて、自己保存にしか興味がない。
←この文章はそのまま現在日本の政府高官どもに当てはまるのだが。

ミャンマーは言わずもがな、中国の地震災害だって、ありゃどう見ても人災だ。

トルコで地震が起きたとき、日本の支援隊が活躍したとニュースになった。救助犬とか。トルコは地震対策のノウハウに長けた日本だけでなく、世界中にすぐさま支援を求めた。
トルコから要請を受けた日本政府、確かアチェの津波のときもそうだったが、対応が早かった、と記憶している。勿論情報があった時点で準備を始めるのだろうが。

もし中国政府がすぐさま支援を要請していたら。

中国はどうか。
デッドラインともいえる72時間?を過ぎるか過ぎないか、のところでようやく隣国日本に救いの手を求めた。
遅きに逸している。勿論、限りなく0に近いかもしれないが、そこに希望がある限り、支援は続く。

中国は首相が涙ながらに国軍に檄を飛ばし、国家主席が立案する映像が流れている。
そんなことを背に、聖火リレーは続く。
もしナショナリズムというのが国を愛し、同じ国に生きる同胞を愛するというのであれば、誰が聖火リレーをするのか。そこにあるのは素朴なナショナリズムではなく、商業主義に堕ちたオリンピックの醜い姿であり、情報統制の下で生きる「井の中の蛙」だ。

ミャンマーでは、田んぼに死体が浮かび、親を探す子供の泣き声が響くという。
(俺が散々批判している、例の)教授も、ミャンマー批判となると感情的になる。

一部のブログには、「今回の地震は、中国に対する天罰だ」とか、もう狂ってるとしか言いようのない記事もある。
(たまに、アメリカの地震兵器によるものだ、ロックフェラーの陰謀だ、とか言うものもある。地震を起こすくらいなら、どうにかして地震を止める「武器」を作って欲しいものである)

地震が誰かの意思によって起きたものだとするなら、それは神の御業だろう。中国人だけではなく、全世界のおろかな人間たちに対する警告だ。
んなことはどうでもいい。

被害を受けている彼らに罪はない。ましてや偽装校舎で勉強していた学生たちに何の罪があろうか。
地震ならまだしも、台風なんて、このアジアに生きるものはずっと苦しめられて、それに対策を講じてきたではないか。
なのに10数万人の被害が出ているミャンマー。台風でなぜ?
本当にイカれているとおもうのは、被災地での国民投票を経ずに、他の地域で国民投票を強行して、んでそれらの地域の結果だけで「憲法は承認されました」だとさ、ミャンマー当局。
(ついでにあの政府は、国際社会からの非難に対し、こう声明を出した。「カトリーナのときのアメリカ政府よりはましだ」。そりゃあん時のブッシュの重い腰にも驚いたが、あんたらがいえたもんじゃねーだろ)
この例なんて好例だね。国民が何人死のうが、自分たちがよければOK!
(日本の後期高齢者政策にも、同じことが言えるが)

こんな国に対して、隣国はどういう態度を取ればいいのか。
俺は正直なところ付き合いきれん!と思う。パンダが死んだからあげるよ。って1億円?!その辺の心境は、うちの都知事と似ている。
しかし、そうはいかないし、俺がこうしている間にも、瓦礫に埋もれて苦しんでいる人がいる。俺が直接救いの手を差し伸べることはなかなかできないが、それでもどうにかならないものか、と思う。

何が原因かって、政治システム(極度の中央集権)とか、表現の自由、とかいう消極的自由の保障とかね、そういったところはすぐに上がる。
どんなに馬鹿が政治をしたって、ある程度システムがしっかりしていれば国は回っていく。
(そういう意味で、今回の社会保障をめぐる自民党・政府の失態は、どーしよーもねーと思う。年金未払いも、モラルハザードだけど、みんなに払うか、地道にチェックしていくしかないし。後期高齢者の保障制度も、しっかりしなきゃ、21世紀日本のニーズには対応できないから、早晩改善されるだろう。じーさんばーさんが多い国なんだから、そうせざるをえないんだって。長期的に見れば、この問題は収束していくと思うんだけど、楽観的かな)


今回一つ思いついたのは、災害時における人道的介入の是非。
これって結構面白いテーマじゃないですか?!
ミャンマー、中国なんてのは、明らかに日本国憲法25条的な人権が侵害されているわけでしょ?人間の安全保障という観点からも、こういう地域に対しては、国連が近隣諸国の支援介入にゴーサインを出してもいいんじゃないですか?加えて、当該政府は最早その問題を解決する能力がないわけでしょ?それって破綻国家と何が違うの?
人が死に、苦しんでいる、という状況は、戦争と何が違うの?!

俺は外交的タカ派ですが、何も軍事力マンセーのリアリストではない。
今回中国にいいように利用されているけれど、日本のソフトパワーを伸ばすという点でも、こういう事例は望ましいんじゃないですかね?災害となったら911のまえに、日本政府へお電話を!(不謹慎なことだが)
こういう機会は、貸し借りを作るけど、それ以上にお互いが交流するいい機会だと思うんだ。

それにしても中国とミャンマーはおかしいって!!!!
カンボジアの話から逸れましたが。
posted by swb at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

むいさーむいさー

寒さで案の定風邪を引いた。

小さいころは鼻水中心の風邪だったけど、最近はのどの痛みと頭痛。
いらいらする。

土日はいつものようにYamada先生の課題に忙殺され、
「科学的」な論文について考えていました。

その結果2限を寝過ごし、3限のその授業へ。

科学的、とは何であろうか。
おのおのが自分が「科学的」と思った論文を取り上げ、紹介している。
ある人は、排出権取引の新しい側面を、統計やら貸借表やら数字を持ち出して、「科学的」だという。
ある人は、YamamotoYoshinobuの計量政治学を持ち出して、「科学的」だと。ある人は漠然とした外交政策を帰納的に類型化したものを「科学的」という(俺)。ある人はモデル化したから「科学的」、ある人は文化人類学のフィールドワークを「科学的」・・・

数字を持ち出せば「科学的」なのか?一般化すれば科学的?

にしても何人が教科書読んでるんだよ。

4限のフラ語は相変わらず先生が思いついたまま、授業が進む。
これは「科学的」な授業か?

5限は臨時ゼミ。
M2の先輩がシエラレオネの国民統合を論じ、ポリアーキーを説明概念に、民主化と紛争の相関を見ていた。
シエラレオネ・・・???
まさかと思って見てみたら参考文献に"Mutsuji"と!Mutsuji先生すご!
他の先輩はKobayashi先生に相談したことがあったり、
研究の世界って狭いんですね・・・。

今日は朝から初めてPC室へ。
校門から入って一番奥まったところにある。森の中。室内の階段にタバコの吸殻・・・。

あぁ、そうそう、昨日フラ語の授業終わった後階段を下りてたら、タバコのにおいがして。誰やねん、アホ!
と思ったら、じーさんが歩きながらタバコすってた・・・。もしかして生徒?わけがわからない。


PC室は全部DELLで、結構新しく、vistaは入ってなかったな。けどfirefoxで使いやすく、スピードも良好。机がラウンドテーブルみたいなので、それが難点だけど。

資料については、それなりに集まったかな。

例えば「フランス」「アルジェリア」「エネルギー」とかで論文検索をかけると、「フランスの植民地統治における女性の地位」みたいな論文も出てくる。
まぁお目当ての論文にすぐたどり着けたら、苦労はないし、自分が研究する必要もないわけだ。
あぁ、勿論英語ですよ?2割くらいフラ語も混じってたり。
何かもうね、何語なんだかわかったもんじゃない。
a って、英語では冠詞でしょ、フラ語ではavoir(have)ってすげー重要な動詞の3人称単数現在形の活用で、しょっちゅう出てきて、あれ、これって何語?みたいなね。んで厄介なことに時々ドイツ語も入ってたりしてね。語尾まで読んでPolitik、あ、ドイツ語か、みたいなね。
なんかマルチリンガルみたいな言い方だけど、まともにどれも喋れない。

7月1日にゼミの発表があるから、それまでにとりあえずの形を作らないと・・・。
卒論みたいに秋口になって構想を練る、とかじゃダメだよね。2年かけて作るものだからこそ、だよね。よくわかんね!
けど、先輩の様子を見ていると、そう一筋縄みたいにいかないみたいだし。

兎に角、火曜日にゼミがないと、火水と誰とも会話しない。
週4日無会話。

"9.8"を超えて"10"にまで行きたいとは思わない。せめて"5"くらいの関係の人が欲しいです。
そんなんだから、いつになっても「期待してる男の子」なんですね。
あと10日で23歳です。
いくつになっても男の子。
posted by swb at 01:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

have a nice call!!

昨日
八王子のヨドバシ→立川のビック→新宿東口のヨドバシ→西口のビック→ウィルコムショップと半日かけて回った結果、

これ

を買ってきました。
ピンクがなかったんですよ。

ということで、おそらく3月で16000円使っていた(家族4人の半分が俺)docomo携帯は、1/3くらいの料金になるはず(その前にプランがおかしかったな、docomoは)。

相変わらず電話はdocomoでお願いしますが、
WILLCOMユーザーは俺にテルミー。

2年という束縛・・・。

大きな賭けww

俺が2台持っている、という契約なので、月に5100円払い続けるわけですが(勿論割り勘だけど)、
2年後、俺はどうなっているんでしょうか。
2台目を持っている人とどうなっているか、なんてことはこの際二の次で、

俺はどうなっているの?


そんなことを風邪を引いた頭で考える日曜日で。

弟ともつ鍋食べてくる。
posted by swb at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

"夢とはやはり幻想なんだよ"と言いきっちまったほうが

【五月病】(ごがつ・びょう)
新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応出来ない事に起因する精神的な症状の総称である。4月には新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応出来ないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月の連休明けに起こる事が多い事からこの名称がある。「さつきびょう」は誤読。
(wiki)

まさにこれだと思う。

金曜日。
4限の日本外交史は、最早夏学期の自分を支える唯一のものかもしれない。
ブルガリアからの留学生が話すには「この授業4単位もらってもいいよね」。5時過ぎまでやるのはきついが、それだけの価値はあると思う。

日ソ交渉を進めた鳩山一郎+重光葵。幣原、重光、東郷、芦田etc外交官はanti吉田が明確だ。
ポピュリスト鳩山は、(たぶんそうでもないだろけど)世論の後押しを受けて、または官僚政治家・吉田に対する伝統的な「政治家」のボスみたいなもんで、anything but 吉田で日ソ交渉を進めたのだろう。
鳩山・重光は、当初北方領土問題に関して、歯舞色丹の二島返還を要求し、フルシチョフもそれを了解した。その背景には、これを契機に日米間に割り込むつもりだったのだろう。
結局日ソ共同宣言がなされるが、未だに北方領土問題は解決されていない。なぜか。二島返還でまとまりつつあったとき、外務省が四島返還を言い出し、それを国論にまで仕立て上げてしまったのである。陰謀論かもしれないが、その背景には、吉田の息がかかった外務官僚が、日ソ交渉を難航させるために、このような扇動を行ったのではないだろうか。
鳩山の次の首相は、石橋湛山である。どちらかといえばリベラルに属す彼は、ソ連の次は中国だ!と日中貿易を振興した。しかし、病に倒れ、総裁選第二位の岸信介が登場する。
もし石橋政権が長期になっていたら、どうなっていたのだろう。

この授業は「研究」っぽいことをしているのでとても面白い。
ていうか広義の「政治学」の授業が少ない。

その後は上大岡まで下り、Kobayashiゼミの飲み会へ。
時間さえ合えばこっちに来たいなぁ。今年になって院生来てるし。
立川二郎の自慢と、yanagiへのアドバイスと、あいさつ回り。

今日。
2限はBritish Councilが提供する発信英語なる、つまりスキルアップの授業。(こんなこと言うとあたかも帰国子女みたいだけどww)久しぶりにQueen English だなぁみたいな。オフトゥン(often)とかね。
先生の専攻はIRで、なんか分野は「さからぁ〜」「さからい」とか言ってるわけ。IRでサッカー?は?
satelineって言ってたみたいね。

やっぱ聞き取れるわけよ。大して難しい言葉使ってない、ってのもあるけどさ。
でもNOVAがあんなんなっちゃって、話すのはだいぶご無沙汰で、原子力(nuclear power)が出てこなかったり、だめだなぁと思った。

面白い表現
shall we call it a day?
授業の終わりに使うそうです。答えはブログの最後に。

3限はOshiba先生のやつ。
紛争と難民 緒方貞子の回想紛争と難民 緒方貞子の回想
緒方 貞子

集英社 2006-03
売り上げランキング : 72993

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(緒方の母方曽祖父は犬養毅!旦那の親父は緒方竹虎、自分の親父も外交官。なんだ、やっぱりエリートなのか)

この本の一部を読んだわけ。まぁ回想録なので、議論の余地なし。必然的に議論は人道的介入へ。つまり、俺がIRのなかで最も胡散臭くて、理論と現実が乖離してて、人気はあるんだけど紋切り型の研究しかない、と思っている分野。
(弁解しておくと、介入に関しては肯定的(swb the liberal)だけど、介入理由に規範だの普遍的価値だのを持ち出す点が怪しい(swb the realist)と思っている)

IPPの諸君は総じて介入肯定派。それも積極派?実務家教授(人道的介入の専門)のご指導の甲斐あって、現場第一主義に改宗した皆さん。
まぁ俺はリアリストだと思っているので?なんで俺に関係のない地域に金をばら撒かなきゃいけないんだ、と天邪鬼で質問をぶつけるんだけどね。

まぁ誰も言い返してこないけど。

誰がやるの?UNなんて無力じゃん。アメリカ?結局そこまで利益がないと撤退しちゃうじゃん。

おうおう、俺の独演会か?

俺は地域機構への授権とかもアリだと思うよ?AUとかさ。

(この辺全部受け売りww)

アフリカとかアジアには立派な安全保障機構ないじゃないですか、とうちのゼミのD1反論。

確かにね。けど、イラク戦争に見られたような、coalition of willingnessって選択肢もあるんじゃない?

(あれ、これどっかで聞いた話だな??wwww)

20人もさ、いい年が集まっててさ、喋ってるの5,6人だぜ?

俺が喋りすぎ?あぁそうですか。

NATOのコソボ空爆はおかしい。6000人も死んでる。変だ、やらなかったほうがいいんじゃない?と留学生。

確かに。けど、将来の犠牲者を減らすために、また戦闘停止のためには他に手段がなかったんじゃない?とレス。

いや違う。他の国にちょっかいを出すのはよくない。
「人道問題より、主権のほうが尊重されるべきです」
おいおい、ちょっと待ってくれよwwwwマジっすか?

主権ってそんなに大事?俺にとって日本の主権よりも自分の大切な人の命のほうが大事だけどなぁ、と笑いを誘ったつもりが誰も笑わなかったけど。

いや〜最後の発言には驚いた。
主権ってそんなに大事っすか?!

結局誰も喋らないわけ!
IPPの人間って、EUの政策論やってるか、人道問題系をやってる人間が多いから、詳しいのかな、と思いきや、俺のゼミでの受け売りで十分通用しちゃってるしね。
理論の勉強もできてねーよなぁ〜。人間の安全保障=constructivismじゃー口に出さないほうが身のためだよ?
んなアホな。どっちかといえばコンストは国家中心主義よ?

4限のあの例のばばぁの授業。
最初30人くらいいて、翌週1/3になり、今日ついに6人に。毎週消えていく。
俺が一番先に出て行くはずなのに。変な話だ。
グアテマラの留学生が英語でコメントをするんだけど、それを先生も英語で返すわけ。まぁ当然か。
兎に角眠くてなぁ〜んも聞いてなかったわけ。てか他の論文読んでたし。
そしたら急に指名されて。
まさに

why me?!

笑ってたら先生が
"oh! it's the typical japanese diplomacy style! just smiling without saying anything!!aha!!"
とか言い出して。目で黙らせたけど。
欧米か!ここは日本だぞ!(こんな日本人が多いからダメなんだよね)

帰国子女の女まで英語で喋り始めて。おまえな、セネガルからの留学生が日本語使ってるんだよ、天下無敵のフランス語じゃなくて、英語でもなくて日本語使ってるんだから、てめーも日本語喋れよ!!


まぁ結局英語もフランス語も喋れない日本人の言い訳に過ぎないんだけどね。

この授業は切るかな。切るのは俺のポリシーに反するが、機会費用を考えるまでもなく、無意味だ、いや、損失だ。

俺は"駅前"とお茶の間"留学経験はあるけど、留学経験はないわけで。なんで公立高校出身のオチコボレが、(まぁ中の下だけどね)英語をある程度使えるようになったんだろう。時にlisteningに関して。中学以来そんな勉強してないのにさ。
日々の賜物ですかね。


-----------------------------------
もうね、アホかと。
どれもこれも茶番だよ!
何が大学院だ!

わかってるんだよ、本当に賢い人は自分のすべきことを一人でもやっている。他人なんかに依存しない。


結局こんなに他人に期待して"いた"のは、俺自身の目標が曖昧なんでしょ。

what are you specializing in?
ah...............I specialize in French energy security....
とか答えてるけどさ。実際何にも知らないし。so what?

なんかヨーロッパに関する授業でもあればいいんだけどなぁ。

結局この花金も一人寂しく帰路につく。
授業ではあんなに話すのに、休み時間になると黙りこくっている。騒がしい周囲。

何に対しても興味がわかない。
18年ぶりの軍事パレードがあっても、誰かが卓球していても、アメリカの大統領が誰になろうとも、バイエルン・ミュンヘンが優勝しても、
映画も、読書も、どこかに遊びにいくってことも、音楽も。
「LIFE」「GAME」etc名盤だけど、頭には空虚に響く。

なんかどーだっていい。
某から引用すると「無気力・無関心な学生」。

---------------------------------------------
"shall we call it a day?"
の意味、わかった?

先生曰く、
「もう(仕事や授業は)たくさんだよ、これで終わりにしようよ!」
的な意味らしい。だから上司に使っちゃダメ。


posted by swb at 03:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

la semaine d'or

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?

俺は昨日映画を見てきました。
相棒@新高島

この春は、昼間にやっている相棒の再放送をハマって、完全に毒された。

んで内容なんだけど、

相棒をずっと見ている人なら笑えるポイントが何点かあって、そういう点は満足。

社会的なメッセージも強く、ミステリーの起承転結もしっかりしているし、ハウダニットもフーダニットもしっかりしている。その辺はさすが、相棒というところ。

けれど、やっぱりドラマ60分版を映画化するとあまりに世界観がでかくなりすぎて、ん〜という感じがある。
この映画に限っていえば、前半と後半がバラバラになっている。

「踊る大捜査線」・・・あれはミステリーじゃないから単純に比べられないけど、やっぱり間延びしてるとおもう。なんでそれであれだけウケたかって、キャストにも金をかけ、かつマニア受けするような世界観を細かく構築したからかな。

そういう点で「古畑」は映画化しなくて正解だ。

でもやっぱ「相棒」好きな人は見てください。

俺はやっぱ伊丹が好きです。


広告で同じテレ朝の某映画の宣伝をしていたんだけど、
あれを見るくらいなら絶対こっちを見たほうがいいと思う。
なんであんなんが映画になるんだ???ジャ●ーズ恐るべし。


久しぶりに、といっても1ヶ月も無いが、横浜駅の天井が綺麗になっていた。
自分は何にも変わっていない、と思っているつもりでも、少しずつ世界は変わっていく。そして、自分も少しずつ変わってきている。
だからこそこの今を大事にしていかなきゃいけない。


課題だるし。
posted by swb at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

売られた喧嘩は売り返す、利子つきで

昨日の夕方買った「卒業」を読みきりました。

現代の東野圭吾は「白夜行」や「手紙」のような人間ドラマの書き手さんか、と思われてるかもしれないけど、初期はミステリー作家なのですな。

ミステリーをここ数年読んでいるけど、今までにないくらい難解な謎解きでした。
「容疑者Xの献身」などで有名な湯川学も彼が生みの親、それを納得させるようなファクターもあったり。

正直謎解きよりも、人間同士の駆け引きや絡まりあい、そんなところが俺にとってのミステリーの魅力だと思う。

この本の初版は1986年!時代を感じさせるものだったけど、面白い!
長編だけど、引き込む力は大いにある。
小説を読んでいて、読者(俺)の世界と、小説の世界との区別がつかなくなるような、引き込む強い力を持っている小説が、やっぱり魅力あるものだと思う。そういう意味では、いい作品でした。
「夜明けの街で」が文庫化されるまでに、ミステリーを読破したいね。加賀恭一郎シリーズと、湯川学シリーズ(俺はシリーズものに弱い。なんかつながりがあるもの、それこそJOJOのようなww)

確かに教養書もおもしろいのだけど、小説がやっぱりいい。ずっと読んでいたい。楽しい小説があるだけで、毎日が華やぐ。

--------------------------------
今日は授業で、3限がOshiba先生。
Just And Unjust Wars: A Moral Argument With Historical IllustrationsJust And Unjust Wars: A Moral Argument With Historical Illustrations
Michael Walzer

Basic Books (Short Disc) 2006-08-30
売り上げランキング : 32263

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

の9章、非戦闘員の扱いについて。
これと藤原帰一の正戦論の本、「平和政策」のテロの章。

おそらく先週読んだKennanの伝統的なリアリズムに対する、現代からの照射、ってところでしょうかね。

日本はテロ対策が弱い、なんでかって、日本はテロの経験が少ないからだ!という教室の流れ。
勿論反旗を翻し、連合赤軍の活動はどうなんだ、と。また破防法があるが、治安維持法に対するアナロジーで、こういう議論をすることがタブーになってるんじゃないか、と。
テロ対策や、非戦闘員に対する攻撃とか、とても抽象的な議論で。まぁ授業中にそんな細かい議論は望むべくもないが。
どうもこのカリキュラム、IPPの中で議論をしていくと現代的な問題を取り上げる傾向があって、べきだ論になっているところが気になる。それこそ去年の2-3年ゼミみたいな。
Kobayashi先生が言っていたような、本の内容や著者の意図を汲み取ろうとする段階が抜け落ちている。少し不満。


4限は俺が先週苦言を呈した授業。
出だしから「私が喋るとまた怒られちゃうから、あはは」とか言われた。完全に売られた喧嘩。
俺が意見を言えば、「明らかに違う」と頭ごなしに否定するし。あんたそれでも教育者か。最後まで人の話を聞け。
4,5回言われたな、嫌味を。だから「俺は〜〜〜〜だと言っているんです、まぁ違うみたいですけどね」「それは〜〜〜ですよ、まぁ素人の意見ですけどね」「だから、俺は〜〜〜なんですよ、以上。」と喧嘩を売り返しておいた。
博士課程に行くなら、評価が重要だから、こんなことはしないほうがいいのだろうけどね。評価が欲しくて自分を曲げるようなことはしたくない。
ていうか、売られた喧嘩は買う、これって常識でしょ。


あー出世しないね。

これがヨーロッパ研究とかなら、張り合える喧嘩だろうけど、何しろ東南アジアだからな・・・。やることやってるけど、あっちの知識だけは数段上手だからな。


まぁ他の生徒からすれば鬱陶しいでしょうね。授業が長引くからね。
週の終わりがこれだとどうも気が優れない。
でも来週が少し楽しみだったりする。嫌味を言う自分の中に、ガキっぽさと、Sadisticな部分を感じてニヤニヤしたり。
posted by swb at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すじこだよぉぉぉぉ!!

課題そっちのけでニコ動・・・。

いや、「週間真木よう子」おもしれーんだこれ。

特に「おんな任侠 筋子肌」


狂ってるww
シュールすぎる。

番組サイト

「スノウブラインド」は少しいやらしいんだけど、わけがわからなすぎて面白い。
これなんてブランキー中村達也出てるしwwww

すげーおもしろい。
とてつもなくシュールだけどね。
posted by swb at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

立川二郎に行ってきた

実家に帰ってました。

ばーちゃんが足の手術をしたんだけど、あまりの痛さでクレイジーヘブン、これが痴呆につながってしまうのか、とても心配だ。
そんなに痛いのか。3時間くらいだけど、一人で看病をして思った。そして、看病は大変だ。

おかんが泊まりこみで、俺が妹に夕飯を作ったり、風呂入れ、宿題やれ、とけつをたたいた。

夕飯を作りながら、台所にあった芋焼酎を飲む。
昔、小学校の教科書?かなにかに書いてあった、キッチンドランカーの詩を思い出した。確かあれは黒井千次だったかな。


同年代が働いている中、俺は親から生活費をもらってるわけで。
額は減ったけど。

んで久しぶりに収入があったので、立て続けに本を買った。
生と権力の哲学 (ちくま新書)生と権力の哲学 (ちくま新書)
檜垣 立哉

筑摩書房 2006-05
売り上げランキング : 173142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

←フーコーを理解したいから。

クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫 か 16-4)クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫 か 16-4)
垣根 涼介

幻冬舎 2008-04
売り上げランキング : 3382

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

←せっかく垣根の本を見つけたから。
やっぱ「午前三時のルースター」、「ヒートアイランド」シリーズ、「君たちに明日はない」「ワイルドソウル」が良すぎた。ちょっとこれは残念。

ゲーム理論入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)ゲーム理論入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)
武藤 滋夫

日本経済新聞社 2001-01
売り上げランキング : 2137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

←あるブログで大絶賛だったので購入。たぶん、難しくて読めない。

卒業―雪月花殺人ゲーム卒業―雪月花殺人ゲーム
東野 圭吾

講談社 1989-05
売り上げランキング : 10576

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

←東野圭吾を読みたい、特に「夜明けの街で」を読みたいと思ってるんだけど、まだ文庫化されてないので断念。何から読めばいいか、と思ってて。「手紙」とか「白夜行」は、文庫としては厚すぎるし重い話だろうからパス、そうなると「容疑者Xの献身」か、ミステリーか、「天空の蜂」とかかなと。ミステリーだと加賀シリーズがあるみたいだったので、そのはじめから読もうとこれを購入。これから東野にはまればいいと思う。春樹ほどじゃないが、読む本ならたくさんある。


ということで、課題はたまってるけど、心に潤いを、ということで小説に現実逃避。


--------------------------------------
はてさて、実家から帰ってきて、
12:20くらいに家をチャリで出、一路立川に向かいました。

12:40着、隣のパーキングを囲むように長蛇の列wwパーキングの出入り口があるから、途切れ途切れに並ぶ列、その長さといったら。
でも30人くらいかな、並んでるのは。
(これで並ぶんだから、やっぱりジロリアンはおかしい)
神保町に比べればかわいい。

案外回転がよくて、13:30にはありつけました。
新築なので落ち着かない。

俺の後ろに並んでた学生?が、店長に声かけられてた。
「あの、上野毛のお客さんですよね?」

よく覚えてるなww


小ブタにんにくましましからめ

野菜はキャベツが多め。コールで野菜、といわないと、結構少ない。仙川並み。スープは上から見ると白く、乳化しとるのかな、と思いきや、案外辛目。しっかりとカエシが利いてる。
麺は中くらい、ぼそぼそしてないでつるつる、量は普通。
ここは関内ほどではないけど肉がうまい!

接客はまだ慣れてないかな。

バイトの募集やってた。
週1から応相談・・・時給900円・・・うーんww

D1000060.jpg

ということで、
立川二郎はうまいぞ!

でもまだ近隣住民が慣れてないので、奇異の目線を向けてくるww
そしてまだ開店間もないので、並ぶのを覚悟して。

関内の汁なし食べたい!
posted by swb at 23:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。